Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@numsh

Power Automate で SharePoint サイトコレクションのストレージ使用率を取得する

はじめに

Power Automate を使えば SharePoint でファイル移動等の基本的なアクションができますが、Power Automate に用意されているアクションではできないこともあります。
そういう時は「SharePoint に HTTP 要求を送信します」というアクションを使える場合があります。
ここでは「SharePoint に HTTP 要求を送信します」を使って SharePoint サイトコレクションのストレージ使用率を取得してみたいと思います。

SharePoint に HTTP 要求を送信します

以下のように設定すると SharePoint サイトコレクションのストレージ使用率を取得できます。

image.png

サイトのアドレス にはストレージ使用率を確認したいサイトコレクションを指定します。
URI には _api/site/usage と入力します。
ヘッダーは下表のとおりです。

キー
Accept application/json;odata=verbose
Content-Type application/json;odata=verbose
X-RequestDigest $(\"#__REQUESTDIGEST\").val()

JSON の解析

「SharePoint に HTTP 要求を送信します」の実行結果は JSON になります。
「組み込み」の「データ解析」の「JSON の解析」で値を取得できるようになります。

image.png

ストレージ使用率は StoragePercentageUsed です。
スキーマ には下記を貼り付けます。

{
    "type": "object",
    "properties": {
        "d": {
            "type": "object",
            "properties": {
                "Usage": {
                    "type": "object",
                    "properties": {
                        "__metadata": {
                            "type": "object",
                            "properties": {
                                "type": {
                                    "type": "string"
                                }
                            }
                        },
                        "Bandwidth": {
                            "type": "string"
                        },
                        "DiscussionStorage": {
                            "type": "string"
                        },
                        "Hits": {
                            "type": "string"
                        },
                        "Storage": {
                            "type": "string"
                        },
                        "StoragePercentageUsed": {
                            "type": "number"
                        },
                        "Visits": {
                            "type": "string"
                        }
                    }
                }
            }
        }
    }
}

Slack メッセージについてはこちらも参考にしてください。

以上

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
numsh

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?