PHP
laravel
laravel5

Laravel基本コマンド

補足

Laravelのバージョンは5.6

Laravelのプロジェクト作成

laravel new <project_name>
<project_name>が作成したいプロジェクトの名前になる。
composer create-project ...の書式でも作成できるけど省略。

サーバー起動

php artisan serve

マイグレーションファイル作成

php artisan make:migration <file_name> --create=<table_name>
<file_name>は作成されるマイグレーションファイルの名前。
<table_name>は作成されるDBテーブルの名前。
これにより、database/migrationsディレクトリの下にマイグレーションファイルが作成される。

マイグレーションの実行

php artisan migrate
テーブルを初期化したい場合は以下。
php artisan migrate:refresh

モデルの作成

php artisan make:model <model_name>
<model_name>が作成したいモデルの名前。
これにより、appディレクトリの下にモデルが作成される。

コントローラーの作成

php artisan make:controller <controller_name>
<controller_name>が作成したいモデルの名前。
これにより、app/Http/Controllersディレクトリの下にコントローラーが作成される。

色々まとめて作成

php artisan make:model <model_name> -m -c -r
<model_name>が作成したいモデルの名前。
-mがマイグレーションファイル、-cがコントローラーをあわせて作成するためのオプションで、-rを付けることでcreateやらindexやらリソース操作を行うためのメソッドをコントローラー内にあらかじめ作成してくれる。