MacOSX
Terminal
homebrew
nkf

[nkf] 日本語を含むテキストファイル等を文字コード変換

概要・目的

ターミナルから適当なテキストファイルを閲覧しようとすると、日本語部分が文字化けして見れない(だいたいShift-JISのせい)。
とりあえず内容だけサッと確認したい。

nkfというツールを使えば出来るっぽい。

インストール

homebrewから

brew install nkf

コマンド

  • nkf -オプションでコード変換してcatコマンドのように確認できる。
  • –overwriteを指定すると、元のファイルを変換して上書きするので注意。
#変換したいファイルの文字コードをチェック
nkf -g ファイル名

# ファイルの文字コードをUTF-8に変換して表示(元のファイルはそのまま)
nkf -w ファイル名


# ファイルの文字コードをUTF-8に変換して上書き保存
nkf -w --overwrite ファイル名

# Shift-JISに文字コード変換して上書き保存
nkf -s --overwrite ファイル名


# 文字コードをUTF-8に変換、改行をLFにして新規ファイルで保存
nkf -wd 元ファイル名 > 新規保存ファイル名

オプション引数

引数 内容
-u 出力時にバッファリングを行わない
-g 文字コード自動判別の結果を表示
-w UTF8コードに変換する
-j JISコードに変換する
-e EUCコードに変換する
-s シフトJISコードに変換する
-r ROT13/47の変換する
-T テキスト・モードで出力する
file 変換元のファイルを指定する
–overwrite 引数のファイルに直接上書き
改行系
d,-Lu 改行をLFにする(UNIX系)
-c,-Lw 改行をCRLFにする(Windows系)
-Lm 改行をCRにする(OS Xより前のmac OS系)

参考

macでファイルの文字コードを変換する『nkfコマンド』の使い方とオプション一覧
【 nkf 】コマンド――文字コードと改行コードを変換する
iconv
【 iconv 】コマンド――文字コードを変換する