C#
HelloWorld
VisualStudioCode

Visual Studio Code ではじめての C# アプリケーションを作る

Mac でも C# 開発が可能な高機能エディタ「Visual Studio Code」を使ってみます。

今回は初心者向けに、インストールからお決まりの「Hello World!」を出力するアプリケーションを作成するところまでやってみたいと思います。


動作環境


  • Mac OS X 10.14.3

  • .NET Core SDK 2.2.104

  • Visual Studio Code 1.31.1


.NET Core SDK のインストール


.NET Core SDK をインストール

「.NET Core SDK」のインストーラーに従ってインストールしてください。

.NET Core SDK ダウンロードサイト

https://www.microsoft.com/net/download



「Hello World」アプリケーションを作成する

これで .NET Core アプリケーションを作成する準備ができましたので、「Hello World」アプリケーションを作成します。

ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行してください。

$ dotnet new console -o myApp

$ cd myApp

成功するとプロジェクトフォルダが生成されます。

それでは「Hello World」アプリケーションを実行します。

$ dotnet run

成功すると「Hello World!」と出力されます。



Visual Studio Code をインストール

「Visual Studio Code」をダウンロードしてください。

Visual Studio Code ダウンロードサイト

https://code.visualstudio.com/Download


  1. 「Visual Studio Code」を起動します。

  2. メニューから「ファイル(File)」>「開く(Open)」を選択し、先ほど作成した「myApp」フォルダを開きます。

  3. メニューから「表示(View)」>「デバッグ(Debug)」を選択し、デバッグ表示に切り替えます。(ショートカットキー:Command + Shift + D)

  4. 「デバッグを開始(Start Debugging)」ボタンを押してデバッグ実行します。(ショートカットキー:F5)

  5. メニューから「表示(View)」>「デバッグコンソールの切り替え(Debug Console)」を選択し、出力内容を確認します。(ショートカットキー:Command + Shift + Y)

  6. ビルド実行が成功していればデバッグコンソールに「Hello World!」と出力されます。

vscode_1_31_1.png


まとめ

Visual Studio Code は本家の Visual Studio とは違って、IDE ではなくテキストエディタです。

Visual Studio に慣れていると、最初は戸惑うところもあるかもしれません。

しかし Visual Studio Code にも強みがあります。


  • クロスプラットフォーム(Windows、Mac、Linuxで動作する)

  • オープンソース( https://github.com/Microsoft/vscode

  • 開発速度が速い(毎月リリース)

  • 動作が軽量/高速

  • 拡張機能が豊富

もう少し詳しく知りたい人は、アットマークITの記事を読むと良いと思います。

アットマークIT>Visual Studio Codeの使い方、基本の「キ」

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1507/10/news028.html