Posted at

UbuntuでC, C++の開発環境をインストールしてHelloWorldしよう!


はじめに

この記事では、


1. UbuntuにC/C++言語の開発環境をインストールする

2. HelloWorldする


の2つについて書いていきまーす


前提環境


  • Ubuntu 18.04.2 LTS


1. UbuntuにC/C++言語の開発環境をインストールする

C/C++言語はコンパイラ言語であるため、コンパイルした後実行する必要があります。


実は、Ubuntuにはデフォルトでコンパイラが入っています。


ctrl+alt+t キーを押すことでターミナルが開くので、以下のコマンドを実行して確認してみましょう。


gccはC用のコンパイラで、g++はC++用のコンパイラです。

$ gcc --version

$ g++ --version

僕の環境ではgcc7.4.0、g++7.4.0のバージョンが入っていることがわかります。

1-1.png

しかし、現在のUbuntuではコンパイルしたプログラムを実行することはできません。


そこで、build-essentialというパッケージにgccなどのコンパイラを含むプログラムを実行するために必要なツールを入れます。

ターミナルで以下のコマンドを入れてみましょう。

$ sudo apt-get install build-essential

これでC/C++のインストールが完了するはずです!


僕の環境ではこのコマンドを実行したときエラーが出ました。

これについては、別記事にて書いていきます。


2. HelloWorldする

それでは無事C/C++の環境構築ができたところで、HelloWorldをしましょう!


C

まずはC言語のHelloWorldをやっていきましょう。


以下のコードを入力してください。


hello.c

#include <stdio.h>


int main(void)
{
printf("Hello World!\n");

return 0;
}


そして、ターミナルでファイルを保存したディレクトリを開き、以下のコマンドを実行するとHello World完了です!

$ gcc -o hello hello.c

$ ./hello
Hello World!

また、1行でコマンドを書くこともできます。

$ gcc -o hello hello.c && ./hello

Hello World!

2-1.png


C++

次はC言語のHelloWorldをやっていきましょう。


以下のコードを入力してください。


hello.cpp

#include <iostream>


int main()
{
std::cout << "Hello World!\n" << std::endl;

return 0;
}


そして、ターミナルでファイルを保存したディレクトリを開き、以下のコマンドを実行するとHello World完了です!

$ g++ -o hello hello.cpp

$ ./hello
Hello World!

また、Cと同様に1行でコマンドを書くこともできます。

$ g++ -o hello hello.cpp && ./hello

Hello World!

2-2.png


まとめ

この記事では、C/C++言語の開発環境を構築し、Hello Worldをしました!


僕の環境は特殊だったためめんどくさいエラーが出てしまいました。


これについては別記事にまとめていくので、よかったらまた見てください〜。


参考記事