Posted at

pyenvでpythonの仮想環境を構築

More than 1 year has passed since last update.

macOSをSierraにしたらどうも、Pythonのvirtualenvがうまく動かなくないので、

仮想環境をpyenvで構築し直すことにしました。その際の手順についてまとめています。

簡単なので基本的なコマンドだけ覚えておけば問題ないでしょう!

インストールも簡単にできまるので、小学生でも問題なくできると思います!!


環境


  • macOS Sierra 10.12.1

  • Homebrew 1.0.8


インストール


pyenvをインストールする


  • Homebrew が導入済みでHomebrewでインストールする場合

$ brew install pyenv


Python のインストール


インストール可能なバージョンを調べる

たくさんのバージョンが出てくるので自分の好きなバージョンをインストールしてください

$ pyenv install -l

Available versions:
2.1.3
2.2.3
2.3.7
2.4
2.4.1
2.4.2
2.4.3
2.4.4
2.4.5
2.4.6
2.5
2.5.1
2.5.2
...

Python3.5.2をインストールする場合

$ pyenv install 3.5.2


pyenv virtualenvをインストールする

$ brew install pyenv-virtualenv


pyenvによるpythonのバージョンの設定

全体のpythonのバージョンを3.5.2にしたい場合

$ pyenv global 3.5.2

特定のディレクトリだけ反映させる場合

特定のディレクトリでpyenv local XXX とコマンドを打つとそこのディレクトリだけpythonのバージョンが適応される。

$ cd PROJECT_DIR

$ pyenv local 2.7.10


pyenv-virtualenvによる仮想環境構築

pyenvでちょろちょろ環境変えるのは大変なので基本的にはpyenv-virtualenvで仮想環境を構築するほうが便利だと思います。


pyenv-virtualenvで仮想環境を作る

Python3.5.2で仮想環境を作る場合。

$ pyenv virtualenv 3.5.2 test


pyenvで仮想環境にはいる

$ pyenv activate XXXXX


pyenvで仮想環境を抜ける

$ pyenv deactivate


仮想環境を削除する

NAMEは自分で作った仮想環境の名前を入れてください

$ pyenv uninstall NAME

pyenv-virtualenv: remove /Users/xxxx/.pyenv/versions/3.5.2/envs/test2? [yを入力]