Help us understand the problem. What is going on with this article?

logrotate(copytruncate)した後のファイルをfindする場合の注意点

More than 1 year has passed since last update.

何があったか

ログのローテートを行ったあと、ログの転送を行うファイルを絞り込むためにfindコマンドに-mtimeオプションを付けて使用していた。
そして、とある事情によって、logrotateのオプションからcopytruncateを取り除いたことによってファイルを想定通りに絞り込めなくなったという現象が発生した。

どう解決したか

-mtimeではなく-ctimeを使う(-mminも同様で、-cminに置き換える)

なぜ?

coprytruncateによって作られるファイルは最終内容更新日時がログローテート実行時の日時になる。
反対に上記のオプションがない場合は、ソースとなるファイルの最終内容更新日時が引き継がれる。

ログローテートの実行ログにもrenaming /tmp/log/httpd/access_log to /tmp/log/httpd/access_log.1と出力されるように、リネームが行われているからだった。

参考URL

https://linuxjm.osdn.jp/html/GNU_findutils/man1/find.1.html
※用語は上記ページに合わせました

備考

ちなみにcopytruncateの有無にかかわらず、最終ステータス変更日時はログローテート実行時の日時になるので、-ctime-cminを使ったほうが安全な気がする。

ns_k
プログラミングや開発に関係する事柄をQiitaにメモってる https://twitter.com/ns_k_917
https://note.com/nsk917
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした