Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

ColaboratoryでRやSwiftを使う

More than 1 year has passed since last update.

GitHubにサンプルを置いてみたので、とりあえず試してみたいという方はこちらからどうぞ。

動作確認だけならそのまま動かしても良いですし、編集・保存したければコピーして使うこともできます。

以下説明。

ColaboratoryはJupyter notebookを手軽に試せる非常に便利なサービスなんですが、新規作成時のカーネルにはPython3かPython2しか選べません。

ですが、!jupyter-kernelspec listを実行して利用可能なカーネルを確認してみると、ir(Rのカーネル)とswiftが利用可能なことが分かります。

image.png

で、実は、カーネルにirswiftを利用した.ipynbファイルをColaboratoryで開けば、これらのカーネルを普通に使えます。.ipynbファイルは実際にはただのテキストで、カーネルの情報も中に書いてあります。つまり、次のようにすれば簡単にRやSwiftをColaboratoryから使用できます。

  1. Colaboratoryで新しくノートブックを作成する
  2. Googleドライブに保存する(.ipynbファイルとして保存されます)
  3. 適当なテキストエディタで開く
  4. "kernelspec":{"name":"python3","display_name":"Python 3"}となっている部分を書き換えて保存(display_nameは多分なんでも良いです)。
    • Rを使いたい場合: "kernelspec":{"name":"ir","display_name":"R"}
    • Swiftを使いたい場合: "kernelspec":{"name":"swift","display_name":"Swift"}
  5. Colaboratoryで編集した.ipynbファイルを開く

これだけです。

Swiftを動かすとこんな感じで、シンタックスハイライトも効いています。

image.png

Rを動かすとこんな感じです。最初からdplyrなどが入っているようです。シンタックスハイライトは無いようです。残念。

image.png

参考

water-cell
地球人口100億の時代への農業革命をWebテクノロジで支える
https://water-cell.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away