Help us understand the problem. What is going on with this article?

KVMの仮想ディスクを拡張する方法

More than 5 years have passed since last update.

VMware Server で運用していた仮想マシンをKVMに移行して稼働させていたのだが、元のディスク容量が小さく運用に支障をきたす程だし、新しい仮想環境はディスク容量が潤沢なので、仮想ディスクを拡張することにした。

その手順を記録しておく。

前提

仮想ディスクタイプ: raw
仮想マシンのディスク管理タイプ: LVM
拡張する容量: 10GB

仮想ディスクのバックアップ

作業を始める前に、必ず仮想ディスクをバックアップしておくこと。

仮想ディスクの拡張

# 仮想ディスクの容量を確認
qemu-img info virtual-disk.img

# 仮想ディスクの容量を拡張
qemu-img resize virtual-disk.img +10G

# 仮想ディスクの容量を再度確認
qemu-img info virtual-disk.img

gpartedでパーテーションの作成

gpartedのISOをダウンロード

$ wget "http://sourceforge.net/projects/gparted/files/gparted-live-stable/0.13.1-2/gparted-live-0.13.1-2.iso/download"

ダウンロードしたISOで仮想マシンを起動し、パーティションの作成を行う。
仮想マシンにCD-ROMドライブがない場合は、仮想マシンマネージャから追加を行う。
CD-ROM追加時にISOを指定しないとエラーになるので注意。
※ 参考URL: http://opensuse-man-ja.berlios.de/opensuse-html/cha.libvirt.config.html

fdiskで physical volume を作成

# fdisk /dev/sda3
# n   新たに領域を作成する
n

# p   領域テーブルを表示する
p

# 領域番号 (1-4):
1

# 最初 シリンダ (1-1827, default 1):
Enter

# 終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-1827, default 1827):
Enter

# t   領域のシステム ID を変更する
t

# 16進数コード (L コマンドでコードリスト表示):
8e

# p   領域テーブルを表示する
p

# w   テーブルをディスクに書き込み、終了する
w

fdiskが終了するので再起動

# reboot

LVM物理ボリュームを作成

※ /dev/sda3はマシンやディスクタイプによってことなるので、
  pvdisplayやlvdisplay、dfコマンドなどで確認すること。

# pvcreate /dev/sda3

ボリュームグループに物理ボリュームを割り当てる

# vgextend VolGroup00 /dev/sda3

論理ボリュームを増加させる

# lvextend -L +10Gb /dev/VolGroup00/LogVol00

ファイルシステムサイズの再認識

# resize2fs /dev/VolGroup00/LogVol00

容量が増えたか確認

# df -m

※ 参考URL: http://se-suganuma.blogspot.jp/2009/04/centoslvmvmwarehdd.html

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away