Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravelアプリ下のpublicディレクトリを分離する

More than 5 years have passed since last update.

環境

  • PHP 5.4.24
  • Laravel 4.2.9

publicディレクトリを分離

laravelのディレクトリ構成は、アプリルート下にpublicディレクトリを配置しています。
レンタルサーバの公開ディレクトリに、このまま配置してしまうと、よけいなファイルやディレクトリが公開されてしまいます。

公開ディレクトリ以外にもファイルを配置できるレンタルサーバなら、非公開ディレクトリにアプリ本体を配置して、公開ディレクトリには、public以下を配置したいでしょう。

laravalでは、public/index.php内のパスを修正することで、ディレクトリを分離できます。
public/index.phpのbootstrap/autoload.phpとboostrap/start.phpのパスを修正します。

修正前

public/index.php
require __DIR__.'/../bootstrap/autoload.php';
$app = require_once __DIR__.'/../bootstrap/start.php';

$app->run();

修正後

アプリ本体のパスへ修正します。パスは相対でも絶対でもよいでしょう。

public/index.php
require '/home/laravel/bootstrap/autoload.php';
$app = require_once '/home/laravel/bootstrap/start.php';

$app->run();

パッケージのファイルパス

利用しているパッケージによっては、パスの修正が必要となる場合もあるでしょう。

私の場合、ファイルアップロードに使っているCodeSleeve/laravel-staplerが利用するローカルファイルパスの修正が必要でした。

CodeSleeve/laravel-staplerのコンフィグレーションをpublishしているので、アプリ下のapp/config/packages/codesleeve/laravel-stapler/filesystem.phpを修正します。

filesytem.php
/*-------------------------------
| Stapler File Path
---------------------------------
*/

// 'path' => ':app_root/public:url',
'path' => '/home/public_html/hoge:url',


Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away