Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
11
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@notakaos

無料ホスティング環境 meteor.com 関連コマンドを見てみる

はじめに

Meteor Advent Calendar 2015 2日目の記事です!

この記事を読むと、Meteorが標準で用意している無料ホスティング環境meteor.comにデプロイする方法、アプリのログを見る方法、デプロイしたアプリを削除する方法がわかるようになります! :smiley:

meteor.com関連コマンド早見表

# <APP_NAME>.meteor.comにデプロイする
meteor deploy <APP_NAME>.meteor.com

# デプロイしたアプリのログを表示する
meteor logs <APP_NAME>.meteor.com

# デプロイ済みのアプリ(サイト)一覧を表示する
meteor list-sites

# デプロイしたアプリを削除する
meteor deploy --delete <APP_NAME>.meteor.com

# 他のユーザーに指定のアプリの操作権限を与える
meteor authorized <APP_NAME>.meteor.com --add <USERNAME>

# 他のユーザーの指定のアプリの操作権限を削除する
meteor authorized <APP_NAME>.meteor.com --remove <USERNAME>

# 指定のアプリの権限を持つユーザー一覧を表示する
meteor authorized <APP_NAME>.meteor.com [--list]

# 現在ログイン中のMeteor Developer Accountを表示する
meteor whoami

# デプロイに使用するMeteor Developer Accountを変更する
meteor logout
meteor login

Meteorについて

ご存じない方のために簡単に説明すると、MeteorはクライアントとサーバーのコードをJavaScriptだけで記述できる、フルスタックなJavaScript Webアプリケーションフレームワークです。

Meteorはクライアントとサーバーで共通のコードが使用できる仕組みがあり、DRYなコードが書けるため、すばやくWebアプリを開発することができます。詳しくは、以下の記事をご参照ください。

無料ホスティング環境 meteor.com

Meteorには無料のホスティング環境が用意されており、自前でサーバーを用意しなくても、1コマンド叩くだけでMeteorアプリをデプロイし、インターネット上に公開することができます。

この記事では、Meteorをインストールすると、すぐ使用できるmeteor.com関連のコマンドについて紹介します。

meteor.com 関連コマンド

<APP_NAME>.meteor.comにデプロイする

meteor deploy <APP_NAME>.meteor.com

meteor deployは無料のホスティング環境meteor.comにアプリケーションをデプロイするコマンドです。

<APP_NAME>の部分はアプリ名で、 デプロイ時に自由に決めることができます。
<APP_NAME>はユニークな文字列で、他のアプリですでに同じものが使われている場合は、別の文字列を指定して下さい。使用できる文字は英数字とハイフン(-)です。それからDNSサブドメインの制約に従います。

$ meteor create example-todos-app --example todos
$ cd example-todos-app
$ meteor deploy example-todos-1234.meteor.com

はじめてデプロイすると、メールアドレスとユーザー名、パスワードの入力が求められます。入力するとMeteor Developer Accountが作成されます(アカウントのメールアドレスやパスワードなどを変更する場合はこちらから)。

デプロイが完了すると、http://<APP_NAME>.meteor.com でアクセスできるようになります。
また、SSLにも対応しており、https://<APP_NAME>.meteor.com のように、http -> https に変えるだけでSSLが有効になります。

デプロイしたアプリのログを表示する

meteor logs <APP_NAME>.meteor.com

meteor.comのサーバーには直接ログインすることはできません。
アプリのログを表示するには、meteor logsを使用します。

$ meteor logs example-todos-1234.meteor.com
# ...(省略)...
[Wed Dec 02 2015 06:01:48 GMT+0000 (UTC)] INFO STATUS running -> waiting
[Wed Dec 02 2015 06:01:48 GMT+0000 (UTC)] ERROR Application crashed with code: 8
[Wed Dec 02 2015 06:04:43 GMT+0000 (UTC)] INFO STATUS killed -> sleeping
[Wed Dec 02 2015 06:04:43 GMT+0000 (UTC)] INFO STATUS waiting -> killed

エラーってました :cry:

デプロイ済みのアプリ(サイト)一覧を表示する

meteor list-sites

これまでデプロイしたアプリ(サイト)の一覧が表示されます。

$ meteor list-sites
example-todos-1234.meteor.com
example-app-foobar.meteor.com
example-localmart-555.meteor.com

デプロイ済みの不要なアプリを削除する

meteor deploy --delete <APP_NAME>.meteor.com

meteor.comに間違えてデプロイしてしまったり、今は使用していないアプリがある場合は、このコマンドでアプリを削除しましょう。

$ meteor deploy --delete example-todos-1234.meteor.com

複数ユーザーで<APP_NAME>.meteor.comを管理する

meteor authorized <APP_NAME>.meteor.com --add <USERNAME>

meteor authorizedは権限管理のコマンドです。
--addオプションで別のユーザーにアプリの操作権限を与えます。

$ meteor authorized example-todos-1234.meteor.com --add taro

逆に、権限を無くしたい場合は--removeオプションを指定します。

$ meteor authorized example-todos-1234.meteor.com --remove taro

どのユーザーに権限を与えているのかを確認するには、--listオプションを指定します。
なお、オプションを省略すると、--listの動作になります。

$ meteor authorized example-todos-1234.meteor.com --list
nobutakaoshiro
taro

デプロイユーザーの変更

meteor.comへのデプロイには、Meteor Developer Accountを用います。
現在ログイン中のユーザー名を表示するには、以下のコマンドを実行します。

meteor whoami

また、ログインユーザーを変更するには、次のコマンドを実行します。

meteor logout
meteor login

meteor.com を使用する際の注意点

無料ホスティング環境のmeteor.comは、一定期間アクセスが無いとリセットされます。
そのため、あくまで重要なデータは置かないようにしましょう。
本番環境としては、Meteor Developer Group が運用している Meteor Galaxy というサービスを使用するか、自前のサーバーにMeteorアプリケーションをデプロイすることをおすすめします。

おわりに

今回はじめてAdvent Calendarというものにチャレンジしてみました。
思っていたよりも時間がかかってしまったので、後半は結構適当です。。
余裕があれば他の日も記事を書いてみたいと思います :smiley:

Meteor Advent Calendar 3日目は@hkwidさんの「Meteorのセキュリティについて」です!

それでは、よいMeteorライフを!

参考情報

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
11
Help us understand the problem. What are the problem?