Help us understand the problem. What is going on with this article?

TestFrightでビルドしてみる。

More than 1 year has passed since last update.

対象

  • OS 10.13.3
  • Xcode8
  • Swift 3

やりたいこと

TestFrightでビルドして、実機で確認できるようにする

そもそも、DeployGateを使用していたようだが、もしかしたら、TestFirghtの方が使いやすいのではと思い、TestFrightで試してみることにします。

DeployGate と TestFrightの比較

こちらのサイトで比較をしているので参考にしてください。

認証やらなんやら

さっそく、自分と同じ状況の人を検索してみた。いきなり発見。こちらの方も同じ境遇でTestFrightで検証をしてみたぽいので参考にさせてもらいました。

そして、初っ端の「App IDの登録」はすでに前回のプッシュ通知で登録していたので、そちらを利用しました。

そして、次に行ったのが iTune Connect にAppを登録する必要がありましたが、前開発者もTestFrightを作成していたようで、すでにマイAppは登録されていました。

マイAppへのArchive時に問題発生

最初というか、終始この問題に躓いてしまいました。
アプリ自体はすでに登録されているのですが、自分のローカルで修正した最新のファイルをマイAppに再登録(アップデート)する必要があります。

Archiveできない。

Archiveは、「XcodeのメニューからProduct > Archive」でできるのだが、グレーアウトになっており、Archiveできない状態でした。
その場合は、実証検証したいiphoneを接続して、ビルドの対象を接続した実機にします。下の記事を参考にしてください。

Archiveにはすごい時間がかかります。

開発者とデバイスがあっていない

Archive時にいくつかエラーが発生した。
つくづく、swiftの開発を行っていると思うのが、エラーをちゃんと読めば道は切り開けるということ。しかし、英語なので、何と無くしかわからないのが辛い。
Archive時に出たエラーは開発者が、App IDで登録されているものと、App自体に記入されているものが違うと出ている。
これを直すためには、アプリの設定画面から「Build Setting」>「Signing」の「Code Signing Identity」を全てAppIDで登録してある開発者に設定する必要があります。

アプリのBuild Setting画面

  • Code Signing Identity
  • Developer Team
  • Provitioning Profile
  • Provitioning Profile(Deprecaed)

これらの内容をAppIDで設定した、ユーザーに変更します。

なんとか無事にArchiveできました

これで、設定がうまくできていればArchiveできますが、かなり長い時間かかります。およそ15分から20分かかります。

Update ができない

Archiveが完了すると Archive画面に自動的に遷移します。右上の「Update」ボタンをクリックします。ここでも結果が出るまでにすごい長い時間かかります。
しかし、私の場合は、この段階でつまずいたままになっています。(2018年2月4日)

一度、諦めて、次の工程に移ってみました。

マイAppにテスト者を追加

今度は、iTune Connectの画面でテストする人をアサインします。
マイAppの「TestFright」をクリックし、アプリを選択します。
左メニュー「iTune Connectユーザー」をクリックして、テスターの「+(プラス)」ボタンをクリック。テストのユーザーとして登録したい人を登録します。ただしApp IDで登録した人のみ設定できます。
それ以外に外部でテストをお願いしたい場合は、サイドメニューの「外部テスター」に追加できます。

これで、テスターにメールが届き、実機で検証することができます。
私の場合は、以前のバージョンでは検証ができましたが、Updateが完了していないため、新しいバージョンでの検証ができませんでした。

norizou4
WebデザイナーがC#とswiftからプログラミングを学んでいきます。
http://noriyasu-katano.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away