Edited at

Android Studio3 セットアップ (Windows10)

More than 1 year has passed since last update.


前書き

Android 1.6(2010年?)時代から、Android端末はセンサーがいろいろ付いていて楽しそうだと思い、Android Studio 3.0環境で、いろいろなアプリを作成していきたいと思います。

まずは、Android Studioのインストール手順について記載したいと思います。


インストール

★JavaSEのインストール、設定については紙面の都合上割愛します。

Android Studio のサイトにアクセスします。

https://developer.android.com/studio/index.html

android01.PNG

「ANDROID STUDIO 3.0 FOR WINDOWS...」をクリック

android02.PNG

同意画面がでるので、「同意します。」をチェックして、[ANDROID STUDIO FOR WINDOWS ダウンロード]をクリック

「android-studio-ide-171.4408382-windows.exe」がダウンロードされるので、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行

※Windowsの「キュリティの警告」がでたら、[実行]をクリック

android04.PNG

Welcome Setup 画面で、[Next >]をクリック

android05.PNG

Choose components 画面で、[Next >]をクリック

android06.PNG

Configuration Settings Install Locators 画面で、[Next >]をクリック

android07.PNG

Choose Start menu folder 画面で、[Install]をクリック

android08.PNG

Installation Complete 画面で、[Next >]をクリック

Ver.3.0 から、この時点で SDK を入れなくなったので、少し楽になりました。

android09.PNG

[Start Android Studio] をチェックして、[Finish]をクリック

android10.PNG

「まっさら」なので、[Do not import settings] を選択して、[OK]をクリック

android11.PNG

イントラ環境などでInternetに直接接続できない場合、Proxy を設定する必要があるので、[Setup Proxy] をクリック

android12.PNG

プロキシを設定して、[OK]をクリック

android13.PNG

Welcome 画面で、[Next]をクリック

android14.PNG

UI を変更したいのと、SDKインストールフォルダを変更したいので、[Custom]を選択して[Next]をクリック

android15.PNG

好みによりますが、[Darcula]を選択して[Next]をクリック

android16.PNG

エミュレータを使うので、[Android Virtual Device] をチェック⇒最新版が入ります。

SDKインストールフォルダがデフォルトでユーザフォルダに作られるが、SDKは大容量になりますので、できれば、C:ドライブ以外にインストールしましょう!

⇒ここでは、C:ドライブしかないので、C:\AndroidStudio\sdk に変更

[Next]をクリック

android17.PNG

推奨の2GBのままで、[Next]をクリック

android18.PNG

設定内容を一応確認して、[Finish]をクリック

-----時間がかかるのでここでちょっと一服-----

ダウンロード後半で「ユーザアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」が出たら、[はい]をクリック

android19.PNG

右下の[Finish] ボタンが押せるようになったら完了。

[Finish]をクリック

android20.PNG

ようやくスタート画面が表示されました。

インストールは完了です。


次回予告

次回、エミュレータを使ってAndroid Studio自体の動作確認をしていきたいと思います。

アプリ開発は次の次の回からになる予定です。