Help us understand the problem. What is going on with this article?

【iTerm2】ターミナル上で画像を表示する方法

More than 3 years have passed since last update.

環境

Mac (OS X El Capitan 10.11.5)
iTerm2 Build 3.0.8

概要

iTerm2 v3 がリリースされてからターミナル上で画像が表示されるようになりました。
Images - Documentation - iTerm2 - Mac OS Terminal Replacement

数行のシェルスクリプトをコピペするだけで簡単に使えるようになります。
なお、これは iTerm2 v3 からの新機能なので、iTerm2 v3 以前のバージョンでは使用できません。
また、Macに最初からあるターミナル.appでは、コマンドの実行自体はできますが画像を表示することができません。

手順

スクリプトを設置

公式が配布しているシェルスクリプトをコピーします。
imgcat

上記のサイトにアクセスして表示されたシェルスクリプトを丸々コピーしてください。

次にコピーしたスクリプトを/usr/local/bin上に置きます。
$ sudo vi /usr/local/bin/imgcat

viが開いたら INSERT MODE にして先ほどコピーしたスクリプトをそのままペーストします。
ペーストしたら保存して終了します。

権限を付与

最後に、このスクリプトが通常コマンドとして使えるようにファイルの権限を変更します。
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/imgcat

以上で画像を表示するコマンドimgcatが使えるようになりました。

使用方法

$ imgcat 画像ファイルパス で使用できます。

imgcat.png

:warning: command not found と表示された場合は/usr/local/binがパスとして通っていない可能性があります。パスを通してください。

特徴

Macのローカルの画像ファイルを見たいときは、その画像のあるフォルダをFinderで開いてプレビューなどで見ることができるのであまり実用性がないかもしれません。

しかし、このコマンドはSSH接続した先のサーバでも使用できるのでリモートの画像ファイルをいちいちローカルにダウンロードしなくても確認できるのでかなり便利です。

サーバ上の画像ファイルを表示したい場合は、上記の手順をサーバ上でも同様に行うと使えるようになります。ただし繰り返しになりますが iTerm2 v3 を使用する必要があります。

すべてのOSで確認したわけではありませんが、CentOS7では同様に使用できることを確認しています。

参考サイト

Images - Documentation - iTerm2 - Mac OS Terminal Replacement

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした