Windows
Linux
PowerShell
ActiveDirectory

LinuxサーバエンジニアがWindows Serverに入門して知ったこと

More than 1 year has passed since last update.

普段はLinuxサーバを使っていますが、Windows Serverも利用することになったので、基本事項を勉強してまとめました。バージョンはWindows Server R2を想定しています。入門編ということで、GUIでの操作を中心に書いています。

サーバへはRemote Desktopで接続する

サーバにログインして作業を行う場合、LinuxではSSH(TCP:22)で接続しますが、Windows ServerではRDP(TCP:3389)で接続します。また、デフォルトの管理者ユーザは root ではなく Administrator になっています。

Screen Shot 2016-02-06 at 20.38.48.png

MacユーザでもMicrosoft Remote Desktopを用いて簡単に接続できます。

パッケージのインストールは「役割と機能の追加」を使う

Linuxではapt-getやyumによってパッケージをインストールしますが、Windows Serverでは、Microsoftが提供するパッケージを「役割と機能の追加」から追加できます。

93a58996-6bce-5918-897f-35492ed74ee1.png

PowerShellを用いる場合は下記のようなコマンドでインストールできます。

> Install-WindowsFuture -Name AD-Domain-Service -IncludeManagementTools

また、Linuxでは/etc/***の設定ファイルを開いて各パッケージの設定記法にしたがって設定を行っていきますが、Windows Serverではそのような設定もGUIから行うことができます。

Screen_Shot_2016-02-06_at_20_53_58.png

Active Directory(AD)の理解が必須

ADは、Windows Serverでほとんど必須と言えるサービスで、下記のようなメリットがあります。

  • 利用ユーザやハードウェア(サーバ/コンピュータ/プリンタ)の管理と柔軟な権限設定
  • シングルサインオン
  • グループポリシーによるWindowsクライアントの細かい制御

ADは、下記5つのサービスから構成されますが、その中で最も重要なのがドメインサービスです。

  • ドメインサービス
  • ライトウェイトディレクトリサービス
  • 証明書サービス
  • フェデレーションサービス
  • Rights Managementサービス

ドメインサービスにおける最も大きな管理単位が フォレスト で、その中に1つ以上の ドメイン をもちます。その他の重要な用語は下記のようになります。

  • ドメインツリー サブドメインをつくり、親ドメインとは別にユーザやコンピュターを管理させる
  • 信頼関係 信頼関係を設定することで、別ドメインのリソースへのアクセスが可能になる
  • ドメインコントローラー ドメインを管理するサーバで、データベースの保持とユーザ認証を行う
  • オブジェクト ユーザやグループ、コンピュータなどADで管理対象のリソースを表す
  • 組織単位(OU) オブジェクトをまとめたもので、グループポリシーを用いてまとめて制御可能
  • グループポリシー クライアント(Windows)を制御する設定を記述したもの

コマンドラインでの操作はPowerShellを用いる

コマンドプロンプトではできることが限られるので、コマンドラインでの操作はPowerShellを用います。

Screen_Shot_2016-02-06_at_21_00_29.png

下記サイトがPowerShellの勉強に役立ちました。

サーバの運用

Windows ServerではGUIを用いた運用が可能です。

サーバマネージャ

サーバの状況が一目でわかるダッシュボードと、各ツールへのリンクを提供します。

Screen_Shot_2016-02-06_at_21_31_50.png

タスクマネージャー

Windowsでも利用されるタスクマネージャーにより、実行中のアプリケーションとCPUやメモリの利用状況を把握することができます。

Screen Shot 2016-02-06 at 21.25.01.png

リソースモニター

より詳しいリソースの利用状況については、リソースモニターで確認できます。

Screen Shot 2016-02-06 at 21.26.22.png

イベントビューア

サーバログはイベントビューアを使って参照できます。検索やフィルターをかけることも可能です。

Screen Shot 2016-02-06 at 21.29.56.png