Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS 7にApache httpdをインストールしてブラウザ確認するまで

More than 1 year has passed since last update.

環境

  • macOS 10.12.6
  • MacBook pro 2016
  • VirtualBox 5.2.18
  • CentOS 7.6-1810

yumでインストール

yumコマンドでインストールします。
CentOS 7では公式のyumリポジトリにhttpd2.4があるので、そちらをインストール。

yumとは

パッケージ管理システムです。rpmというパッケージ管理システムを内包しています。
rpmの足りないところを、yumが補っています。

rpmとは

rpm(Red Hat Package Manager)の名前の通り、RedHat系のディストリビューションのパッケージ管理システムです。よって、yumもRedHat系用になります。(ちなみにDebian系はapt)
yum = rpm + αって感じです!

rpmにはなくてyumにはある機能

rpmではインストールするパッケージの依存関係を検知することはできても、その依存関係にあるパッケージを自動で一緒にインストールまでしてくれません。ですが、yumは依存関係にあるパッケージまで全部一緒にインストールしてくれます。なので、yumを使ってパッケージを入れれば、そこらへんの配慮をしなくても、コマンド1つでやってくれちゃうわけです!
あと、もう一つリポジトリの自動更新も行なってくれます。

リポジトリ

リポジトリは、複数のパッケージを格納している場所のことです。
ここには、複数のパッケージのメタ情報も一緒に置いてあります。
yumは、 /etc/yum.repos.d/配下の.repo拡張子のファイルの中身を見て、その中にあるリポジトリの中のパッケージをrpm経由でインストールします。
よって、ここに記載のないものはインストールできません。
最新のものをインストールしたいときには、ここに追加しなくてはなりません。
今回は、Apache httpd 2.4がデフォルトで存在するので、インストール可能というわけです!
インストール可能かどうかは、以下のコマンドでわかります。

# yum info [パッケージ名]

パッケージの詳細情報を出してくれます。

インストール

インストール自体は先ほども言いましたが、コマンド1つです。

# yum -y install httpd // -yは、すべての問いに「yes」と回答したものとして実行するオプションです。

Apacheの起動と停止

起動

# systemctl start httpd

CentOS 6 以下は、serviceコマンドを使ってください。

起動の確認

# systemctl status httpd

たくさん文字が出てきますが、Active: active (running)とどこかにあれば動いている証しです。

停止

# systemctl stop httpd

自動起動の設定

これは、CentOSの起動・再起動の際に一緒にApache httpdも起動するようにする設定です。
以下のコマンドでOK

# systemctl enable httpd.service

CentOS 6 以下は、chkconfigコマンドを使ってください。

ブラウザ確認

まずは、CentOSがデフォルトでfirewalldが動いていてアクセス制御されているので、httpdを許容するように設定します。
これも、コマンドでできちゃいます。

# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
# firewall-cmd --reload //反映

あとは、ブラウザでhttp://CentOSのIPアドレスを叩けば、以下の画面が表示されて完了です。
スクリーンショット 2019-01-05 11.32.42.png

nooboolean
3年目になってしまったエンジニア。 基本自分の備忘録用として残していますが、自分と同じことに迷った人に伝わりやすい記事を書くことが目標です。わかりにくい部分があればどしどしご指摘ください。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away