開発プロセス
アンチパターン
ソフトウェア開発

技術は陳腐化しないうちに売りきろう

ある時期ある企業で、第一線に達した技術があった。
他社の競合製品よりも良好な性能を出しているらしかった。
論文ベースで見る性能はそのようだった。
その技術を実装したリファレンスボードを購入して評価したいと思った。
担当の営業さんとコンタクトをとって説明を受けて、見積りをとった。

しかし、そのリファレンスボードを評価することはなかった。
リファレンスボードを購入するには数セット単位で購入する必要があった。
そうすると金額が100万円程度になってしまう。
そのため、購入を断念してしまった。

サラリーマン開発者が、自分の裁量でどうにかできる金額ではない。
既存のボードを置き換えることができるのかどうか、未知のボードを「うまくいきます」と言って購入・評価を推進しきる勇気はなかった。

そのボードを使い切るには、入手できる公開情報があまりにも少なかった。

  • NDAにがんじがらめなのか、そのボードを利用して何かを実行した情報は入手できなかった。
  • 使いたい機能がハードウェアブロックとして実装されている。その機能の使い方のサンプルコードなどもなかった。
  • CPUは、よくあるCPUとはかなり異なるものであるらしかった。
  • また、OSもよくあるタイプとは違っていた。

それらの理由のため、サラリーマン開発者は、その製品を利用する可能性を断念した。

それから数年後、世界的な技術の進展は、その技術を陳腐化させてしまった。

私見:

  • 技術には賞味期限がある。技術の優位性があるうちに売り切ることが必要だ。
  • 技術はユーザーコミュニティがあってこそ技術である。ユーザーコミュニティを作ることに失敗すれば、どんな優秀な技術であっても、普及しないままになってしまう。
  • 営業とコンタクトをとって見積りをとって、高価なボードを購入して、評価してみて、これを次の製品に使えるかどうか判断して、製品設計に主要な部品として選定させるのは、とても大変なことなのです。
  • 評価版を無料で利用できるようにしよう。開発に関わる情報を利用しやすくしよう。
  • 評価ボードが必要な場合には、価格を抑えて、提供しよう。開発者が評価・開発に着手しやすくすることが、量産に使いうる可能性を高めるのです。

次の記事のアプローチでは、技術を積極的に公開することによって、利用者のコミュニティを作ろうとする動きの一例になっています。

低コストFPGAで深層学習、コア技術をオープンソース化したベンチャーの狙い (1/2)