Edited at

ノウハウの出し惜しみは、開発を失敗させる。


技術の開発を委託先と一緒にしていくとき、人によっては自分の持っているノウハウを出し惜しみする。


でも私は主張したい。「そんな出し惜しみをしていると開発に失敗するぞ。」


理由


技術の進歩は速くなっている。

5年前の最新技術は、オープンソースの実装で容易に置き換えられる状況などになってきている。


開発を成功させたい

競争が激しいのだから、少しでも自分の開発が成功しやすくしよう。

そのためには、ビジネスのパートナーに任せる開発の部分が、少しでも開発しやすくしよう。


あなたの知見は、開発を成功しやすくする。

あなたが、ある分野での開発のエキスパートならば、有用な知見を持っているだろう。

それをビジネスパートナーにも伝えて、少しでも成功させやすくしよう。


ノウハウを隠すメリットは少なくなってきている。

あなたの開発している分野の技術の進歩が速ければ、あなたが持っているノウハウは、簡単に陳腐化してしまう。

ノウハウを隠しても、数年後にはまったく役に立たないか、誰でも知っているレベルのことになってしまう。

だから、開発を成功させるためには、ビジネスパートナーにあなたの知見を伝えて、少しでも開発が成功しやすくなることに徹しよう。


私は以下の記事も同感だ。

Qiita 社内ライブラリをオープンソースしないデメリット・リスク