google
SEO

seo対策 | .htaccessを用いたurlの正規化(301リダイレクト)と優先ドメインについて

More than 1 year has passed since last update.

内容

wwwあり・なしどちらが良いか、
index.htmlを『/』に統一するかどうかで調べた結果、

wwwなしで統一、index.htmlは/に統一にすることに決めた。
.htaccessを使って301リダイレクトをかける。

.htaccessの中身

.htaccessを、index.htmlと同階層に設置する

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://example.com/$1 [R=301,L]

これで、wwwなし、indexなしに統一できる。
http://www.example.com/index.html → http://example.com/
http://www.example.com/info/index.html → http://example.com/info/

注意点

ケースバイケースだが、サーバーのルートディレクトリが、/var/www/html/srcだとして、
/var/www/html/src/index.htmlがトップページだとしたら、
/var/www/html/src/.htaccessを置くこと。
/var/www/html/.htaccessに置くと、RewriteRuleの『$1』に『src』が含まれて返ってしまう。

また、ブラウザのキャッシュが残りやすいので、シークレットモードにして確認すること。

優先ドメインについて

google Search Consoleにおいて、wwwが存在する場合は、ドメインをwwwありとなしの二つで登録することが推奨されている。
また、その際に、どちらのドメインかを優先するかも選択できる。

右上の歯車マークから、サイトの設定 → 使用するドメイン で該当のものにチェックを入れる。

seoとしての効果

結論的に言うと、wwwのありなし、indexのありなし、どちらに統一してもseo的には同じと思われる。
しかし、大切なことは、「wwwあり」と「wwwなし」の2つで、同じコンテンツを展開してはいけないということが言われている。このため、必ずどちらかに統一することをgoogleは推奨しており、仮に、.htaccessを使えないケースにおいては、canonicalを利用することが推奨されている。

参考リンク

seoの効果と.htaccessの例

https://www.suzukikenichi.com/blog/canonicalization-of-indexhtml-and-non-indexhtml/
https://www.suzukikenichi.com/blog/integrating-www-and-non-www-by-301-redirect/
http://seolaboratory.jp/other/2016060336604.php

.htaccessに関して詳しく

http://ysklog.net/mod-rewrite/regular-expression.html
http://oxynotes.com/?p=7392
http://viral-community.com/seo/mod_rewrite-3019/