Help us understand the problem. What is going on with this article?

さくらのレンタルサーバーにSSHでログインする

More than 1 year has passed since last update.

さくらレンタルサーバーでホームページを管理すること

レンタルサーバーの一つであるさくらサーバーですが、その利用方法はまちまちです。

FileZilaやWinscpなどのソフトをパソコンにインストールして、
ホームページなどをアップまたは更新することも可能ではありますが、
今回は、ソフトを使わずにSSH接続で、さくらのサーバーにログインする方法を書きます。

前提条件

さくらレンタルサーバーに契約していて、アカウントとパスワードが発行されていることが条件です。

FTPサーバ名     :   sumple.sakura.ne.jp
FTPアカウント     :   sumple
FTP初期フォルダ  :   www
パスワード       :   password

さくらサーバーでは、一番はじめに設定する初期ドメインがFTPサーバの名前に当てられます。
パスワードは後で変更も可能です。

FTPソフトを使って、さくらのサーバーにログインして、ホームページの更新など作業を行う際も、こちらの情報を、最初にソフトに設定することになります。

ssh接続でログインする

FTPのソフトを使わずに、ターミナル(コマンドプロンプト)からコマンドを打ってログインします。

方法1 (パスワード認証)

ssh sumple@sumple.sakura.ne.jp

上記のコマンドを打つと、パスワードを聞かれますので、
サーバーのパスワードを打ち込みます。
するとログイン出来ます。

ベーシックなsshのログインの方法になりますが、毎回パスワードが打つのが面倒だったりします。

方法2 (鍵認証)

鍵を作成します。(公開鍵と秘密鍵)

cd
ssh-keygen

~/.ssh/id_rsa
~/.ssh/id_rsa.pub
というファイルが生成されます。

さくらサーバーに公開鍵の登録

scp ~/.ssh/id_rsa.pub sample@sample.sakura.ne.jp:/home/sample/.ssh/authorized_keys

上記のコマンドで公開鍵をサーバーに登録しています。
次からはパスワードを入力せずにログインすることができるようになります。

ssh sumple@sumple.sakura.ne.jp

鍵の権限の変更

さくらサーバーにログインし、下記を実行

chmod 600 .ssh/authorized_keys

権限については400でも可能です。

non0311
東日本大震災から9年 Cakephp3 / Github / Vagrant / AWS
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした