Help us understand the problem. What is going on with this article?

Hyper-Vで構築した環境でインターネット接続が出来るようにする

ここまでネットワーク設定で苦労するとは思いませんでした、本当に(ごあいさつ)

Hyper-Vで構築した環境にインターネット接続を試みる

試行錯誤の備忘録を残しておきます。

結論

仮想スイッチを外部にする

手順

OSイメージをダウンロードする。

この後やりたい事があるので、Ubuntu16.04 LTSかCentOS7にしました。
Ubuntuはいいんですが、CentOS7はダウンロード先によってはものすごく時間が掛かるので、ダウンロードリンクを見極めることをおすすめします。

CentOS
Ubuntu

慣れるまではかなり困惑するのでGUI使えるUbuntuがいいかもしれません。
ネットワークドライバがあればとりあえずは出来るので、どれでも大丈夫です。

Hyper-Vをインストールする。

コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」でHyper-Vがあるので、これにチェックを入れます。
再起動を求められるかも知れませんが、先の作業でダウンロードが完了していなければ待ちましょう。

Hyper-Vの仮想スイッチマネージャーを設定する

Hyper-V マネージャーを起動します。
画面を起動したら[操作]→[仮想スイッチマネージャー]を実行します。
ポップアップウィザードが起動したら、「外部」を選択して仮想スイッチを作成します。
外部ネットワークをホストで使っている物理ネットワークに設定して「管理オペレーティングシステムにこのネットワークアダプターの共有を許可する」にチェックを入れます
これをやらないとホスト側が弾かれます。
他はさわらなくていいので、これでOKします。

ちょっと解説

ホスト側のネットワークアダプターを右クリック→プロパティでポップアップを出した後、共有タブを開くと似たような項目がありますが、ここで設定しているものが↑項目です。
競合しているので奪い合いになるのかな? 細かいのは分からないのですが、設定の意味というか意図はこれです。

仮想マシンを作る

普通に設定します。
ネットワークの構成は先ほど作成した外部ネットワーク用の仮想スイッチに接続するようにします。

失敗談

色々なところを参考にさせてもらったんですが、私の環境ではうまくい
きませんでした…

事象

仮想スイッチを内部にしてブリッジにすると、ホスト(Windows10)で接続できず、Hyper-V側(Ubuntu16)でつなげるようになる

手順

上記「Hyper-Vの仮想スイッチマネージャーを設定する」項目で外部ではなく内部にするのと、
ホスト側のネットワークアダプターの設定で、ホスト側で使っているネットワークアダプターと作成した内部仮想スイッチをブリッジ接続します。

そうすると、ネットワークブリッジ接続という項目が作成されるのですが、これではなぜか事象のような状態になり、ホストから外につなげなくなりました。

色々なページを見ていると、こちらの手順を書いているのでおや?となりました。
なので、私のケースのような事もあるかも知れないので、記事に書き残してます。

参考

本当に多くのサイトが内部での手順が書いてありましたが、以下が非常に分かりやすかったです。
https://www.gmo.jp/report/single/?art_id=212

読了後いいね!をお願いします。

どれだけの方に読んでもらっているか知りたいので、お手数をおかけしますがご協力いただけると嬉しいです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away