Mac
homebrew

認証付きプロキシ環境でssh接続したい場合、Squid + corkscrewの組み合わせで乗り越えてみる

More than 3 years have passed since last update.

認証付きプロキシの環境で、プロキシ内からssh接続で外部に接続する場合にはいろいろ苦労が出てくると思います。

今回は、Squidを使って認証付きプロキシを越えるよう設定した後、corkscrewを使ってSquid経由でssh接続できるよう設定します。


Squidのインストール

はじめにSquidをインストールし、認証付きのプロキシを越えるよう設定してください。

homebrewなら以下のコマンドでインストールできます。

brew install squid

/usr/local/etc/squid.confを適当に編集して、プロキシを越えられるよう設定しましょう。

GUIの方が良い方はSquidManでもOKです。


Corkscrewのインストール

Corkscrewを使って、ssh通信を行う場合でもsquid経由で通信するよう設定します。

まず、Corkscrewをインストールしてください。

homebrewなら以下のコマンドでインストールできます。

brew install corkscrew

例として、githubに接続する場合は~/.ssh/configに以下の通り記載してください。


~/.ssh/config

ProxyCommand /usr/local/bin/corkscrew 127.0.0.1 8080 %h %p

Host github.com
User git
Port 443
Hostname ssh.github.com
Protocol 2
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa


設定に問題なければ、下のコマンドでテスト接続できるはず!

ssh -T git@github.com


参考

CorkscrewのReadMe