プログラミング初心者がRubyonRailsチュートリアルをして学んだGitの基礎的な操作の仕方を個人的にまとめました。
なにか、間違いがあればご指摘していただけると助かります!!

まずは設定

  • Gitをインストールしてからコンピュータ1台に付き最初に1回だけ行う設定
bash
git config --global user.name "Your Name"
$ git config --global user.email your.email@example.com

基本的な操作

  • 新しいローカルリポジトリの作成
bash
$ git init
  • ファイルをステージング領域に追加 
    • -Aですべてのファイルを追加
bash
$ git add -A
  • ステージング領域の中身を知る
bash
$ git status
  • ステージング領域で控えている変更をにローカルリポジトリに反映 コミット
    • -mでメッーセージを指定
    • -aで現存するすべてのファイルへの変更を一括でコミット git add -Aをしなくてもよくなる
bash
git commit -m "Initialize repository"
  • ローカルリポジトリの中身(コミットの履歴)を確認
bash
$ git log
  • 以前コミットした状態に戻す方法(変更を取り消してもとに戻す方法)
bash
$ git checkout -f

ブランチ

ブランチは基本的にはリポジトリのコピーで、ブランチ上では元のファイルを触らずに新しいコードを書くなど、自由に変更や実験を試すことができる。通常、親リポジトリはmasterブランチと呼ばれ、短期間だけ使う一時的なブランチはトピックブランチという。masterブランチはトピックブランチで行った変更に影響されないので、たとえブランチ上のコードがめちゃくちゃになってしまっても、masterブランチをチェックアウトしてトピックブランチを削除すれば、いつでも変更を破棄する事ができる。
gitを使う場合は、masterブランチでずっと作業するのではなく、その都度トピックブランチを作成して作業するのがよい

  • ブランチの新規作成
bash
$ git checkout -b ブランチ名
  • ブランチの切り替え
$ git checkout ブランチ名
  • すべてのブランチを一覧表示
bash
$ git branch
  master
* modify-README
  • masterブランチにトピックブランチの変更をmerge
bash
$ git merge トピックブランチ名
  • ブランチの削除
$ git branch -d ブランチ名

トピックブランチの削除は必須ではない。実際、トピックブランチを削除せずにそのままにしておくことはよく行われる。トピックブランチを削除せずに残しておけば、トピックブランチとmasterブランチを交互に行き来して、キリの良い所で変更をマージする事ができる。

リモート

  • リモートリポジトリの登録
bash
$ git remote add origin git@bitbucket.org:ユーザー名/hello_app.git
  • リモートにローカルの変更をプッシュ
    • 大抵のシステムではgit pushだけ入力すると git push origin master が実行される
bash
$  git push リモートリポジトリ ローカルリポジトリ

参照: Ruby on Rails チュートリアル

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.