Edited at

Rustのprintln!マクロ

More than 1 year has passed since last update.

出力機能はstd::fmtで定義されるマクロによって扱われます。


  • format!: フォーマットされたテキストを文字列(String)型に書き込む

  • print!: format!に加え、コンソールにそのテキストを出力

  • println!: print!に加え、改行をつけてコンソールに出力


基本

println!("{} days", 31);


引数の位置を指定

println!("{1} is {0}.", "Bob", "He");


引数の名前で指定

println!("{a} {b} {c}",

a=123,
b=456,
c=789);


フォーマット型の指定

:のあとにフォーマットの型を指定(bは二進数)

println!("{:b}", 2);


幅を指定して右寄せで出力

println!("{number:>width$}", number=1, width=6);


  • 0埋めも可能

  • 出力は"000001"

println!("{number:>0width$}", number=1, width=6);


中括弧{}をそのまま出力


  • {{}}と書く

println!("This is {}, {{}}", "Brace");