Posted at

sync-settingsでの設定ファイル自動アップロード

More than 3 years have passed since last update.

うぉー!!!Atomの設定が全部飛びやがった!!!!

どうやら「Changing UI/Syntax theme colors 3 times reverts ALL settings to defaults #8834」に引っかかったっぽくて初期設定に戻ってしまいました。

ってことで、遅ればせながら sync-settingsパッケージを導入してました。

いろいろなページで設定方法が書いてありますので、やり方はそちらを見ていただく(Gistはプライベートで作ったほうがいいですよ)として、ちょっと気になるのが自動でアップデートされないという点。

まあ、リモートとローカルどちらが新しいかどうかの検出はなかなか面倒ですよね。

でも、自動でアップロードしてもらわないと今回みたいにいきなり消えた時が怖いわけです。

ってことで、起動時に強制的にアップロードするように設定してみました。いざとなったらGistの履歴を追えばいいだけだし。


init.coffee

setTimeout () ->

atom.commands.dispatch(workspaceView, 'sync-settings:backup');
, 1000

setTimeout使わなくてもどうにか出来そうなんだけど、タイミングの問題でうまくいかなかったので少しタイミングをずらす感じで。

でも、よく考えたらDropbox使えばいい話なんだけど、今でも.atomは400MB超えだしなぁ。

それか、比較してアップロードするプラグイン作ったほうが早いかなぁ。

まあ、とりあえずってことで。