Help us understand the problem. What is going on with this article?

Core Dataについて調べたメモ

More than 1 year has passed since last update.

Core Data Programming Guide: What Is Core Data? このあたりを読んで、CoreDataを構成する要素・使い方を雑にまとめてみました。

構成要素

.xcdatamodeld

テーブルを定義する。

NSManagedObjectのサブクラス

データベースのテーブル単位にクラスを定義する。

NSManagedObjectContext を経由して、取得・保存などを行う。

生成・取得方法にはいくつかある。

  • NSEntityDescription.insertNewObjectNSEntityDescription.entity にて生成。
  • NSFetchRequest にて取得。

DataController

自分で実装する。
NSPersistentContainer を生成・管理する。

AppDelegatedidFinishLaunchingWithOptions の中で生成、そのインスタンス変数となる。
AppDelegate 以外の各クラスからは、 AppDelegate 経由で取得する。

NSPersistentContainer

iOS 10系から導入。
NSManagedObjectModel, NSPersistentStoreCoordinator, NSManagedObjectContext のあたりを上手く生成・管理してくれる。

NSPersistentContainer.viewContext により、 NSManagedObjectContext を取得できる。

NSManagedObjectContext

"NSManagedObjectのサブクラス"を管理するクラス。
イメージとしては、ここから"NSManagedObjectのサブクラス"を払い出してもらい、利用・修正し、ここに返すことで保存してもらう。

NSPersistentContainer から取得できる。

NSFetchRequest

対象のentity、条件などを指定して、DB内を検索する。
インスタンス化し、必要な情報を設定、NSManagedObjectContext に渡すことで、検索を実行できる。

備考

iOS10より前のDataController.init

NSPersistentContainer の生成を行わず、下記を行う。

  • Bundle.main.url を取得する。
  • NSManagedObjectModel を生成する。
  • NSPersistentStoreCoordinator を生成する。
  • NSManagedObjectContext を生成する。
  • NSPersistentStoreCoordinator.addPersistentStore を実行、引数のclosureを実行する。
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away