Help us understand the problem. What is going on with this article?

VSCodeのキーボードショートカットのオススメ設定例

VSCode.png

(2020.7.10 追記;アップデート記事を投稿しました。
 →・[2020年版]VSCodeオススメのカスタマイズ例

Visual Studio Code のキーバインディングを以下のようにカスタマイズしたメモです。
(VSCode 1.28.2, macOS 10.13.6)

  • コード補完の候補選択を「Tab」キーと「Shift+Tab」キーで上下に移動させる
  • 「Tab」キーでカッコの外にカーソルを移動させる
  • 「Shift+Tab」で Tabの挿入にする

今まで自分が使っていた Sublime Text 3 に合わせた変更です。
→・Sublime Text 3 で使っているキーバインディングの設定

キーボードショートカットの変更方法

メニュー>「Code」 >「基本設定」>「キーボードショートカット」
を選ぶと、一覧が出ます。
検索するなどして変更したい設定を見つけたら、その行の左側の鉛筆マークをクリック(または行をダブルクリック)して、新しいキーボードショートカットを押すだけです。
(元のDefault設定に戻したい時は、その行で右クリックして「キーバインドのリセット」を選ぶ。)

さらに詳細は、一覧の上の
高度なカスタマイズを行うには、次を開いて編集: keybindings.json
をクリックすることで自分の設定したjsonファイルを編集できます。

キーボードショートカットの設定例

keybindings.json
[
    {
        "key": "tab",
        "command": "selectNextSuggestion",
        "when": "suggestWidgetMultipleSuggestions && suggestWidgetVisible && textInputFocus"
    },
    {
        "key": "shift+tab",
        "command": "selectPrevSuggestion",
        "when": "suggestWidgetMultipleSuggestions && suggestWidgetVisible && textInputFocus"
    },
    {
        "key": "tab",
        "command": "cursorRight",
        "when": "!suggestWidgetMultipleSuggestions && !suggestWidgetVisible && textInputFocus"
    },
    {
        "key": "shift+tab",
        "command": "tab",
        "when": "!suggestWidgetMultipleSuggestions && !suggestWidgetVisible && editorTextFocus && !editorReadonly && !editorTabMovesFocus"
    },
    {
        "key": "tab",
        "command": "-tab",
        "when": "!suggestWidgetMultipleSuggestions && !suggestWidgetVisible && editorTextFocus && !editorReadonly && !editorTabMovesFocus"
    },

]

注記

  • "command": 行の "-(マイナス)" はその設定が実行されないことを示す
  • "when": 行の "!" は否定を示す
  • カスタマイズした設定が衝突することがあるので、適時 "when": 行の条件を設定すること

参考

→・キーバインディング - 非公式 Visual Studio Code Docsの日本語訳
→・Visual Studio Code Key Bindings

 
(→・元記事

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away