search
LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

【AWS】クラウドプラクティショナー(CLF)合格記

はじめに

少し前のことですが、AWS認定試験-クラウドプラクティショナー(CLF)に合格した(2020-06-27)ので、合格までの道のりを書いておこうと思います。

About Me

私はSIer2年目で、オンプレサーバー設計・構築を行っています。
パブクラの知識・経験は0からのスタートでしたが、何とか1発合格することができました。

What's CLF?

まずは、クラウドプラクティショナーについて
AWS認定試験-クラウドプラクティショナー

上記サイトによると、認定によって検証される能力は以下のようです。

  • AWS クラウドとは何かということ、およびベーシックなグローバルインフラストラクチャについて定義できる
  • AWS クラウドのベーシックなアーキテクチャ原理を説明できる
  • AWS クラウドの価値提案について説明できる
  • AWS プラットフォームの主なサービスと一般的なユースケース (例: コンピューティング、分析など) について説明できる
  • AWS プラットフォームのセキュリティとコンプライアンスのベーシックな側面、および共有セキュリティモデルについて説明できる
  • 請求、アカウントマネジメント、料金モデルを明確に理解している
  • ドキュメントや技術サポートのソースを特定できる (例: ホワイトペーパー、サポートチケットなど)
  • AWS クラウドにおけるデプロイと運用のベーシックで重要な特徴を説明できる

つまり、AWSを使って何ができるか、使う利点は何かなどの基本的な点が問われます。

先に言っておくと、CLFは広く浅くサービスを勉強することが大切だと思います。
サービスの数は出てきますが、内容がそこまで深くなることはあまりありませんでした。

試験に向けて

公式サンプル問題

これは受験を決めて一番最初に取り組みました。
どんな問題形式で出るのか、どのレベルの問題が出るのかを把握するためです。

参考書を読む

私は以下の本を読みました。
ひとまず1周目はざっとどんなサービスがあるのか、略称などを勉強し、2周目により細かい部分を読み込みました。
AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

ホワイトペーパーを読む

本の中で理解できない部分はAWSが公式に出しているホワイトペーパーを読みました。
ホワイトペーパー

Black Beltの資料を読む

ホワイトペーパーに加えてブラックベルト資料を読みました。
Black Belt

公式ビデオを見る

AWS認定のトレーニングライブラリの動画で片手間勉強しました。
トレーニングライブラリ

試験当日

上記対策を計3週間(延べ30時間程度)行い、試験に臨みました。

結果は、755点(700点以上で合格)でした。

感想

試験時間は余裕があり、じっくり考えて取り組むことができました。
試験問題の中で日本語が変な部分がありますが、英語に切り替えることができるので、そちらで確認した方が良いです。

問題で何を聞かれているのか(コスト?運用?)などを読み取っていくことが大切です。

問題をもっと解いて対策したいという方にはUdemyなどの問題集がおススメです。(セール中に買い溜めをしておきましょう。)
あとはハンズオンなどが出来れば、より理解は早いと思います。

今後はアソシエイト試験の記事を書いていこうと思います。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0