Help us understand the problem. What is going on with this article?

GASを使ってSurfingKeysのInlineQuery機能からGoogle翻訳機能を呼び出す

More than 1 year has passed since last update.

何ごともキーボードを使う私が愛用する拡張機能のSurfingKeys。こいつさえあればVimライクにブラウザを操作できるわけですがこれにはInlineQueryという機能があります。詳しくは公式のWikiから。

公式Wikiでは、shanbayのAPIを指定してクエリーを投げてレスポンスをポップアップに表示するのですが個人的に使い慣れてるGoogle翻訳をAPIとして使いたい気持ちがありました。
しかしGoogleTranslateAPIは有料でなるべくならクレカの情報も入力したくないので、今回はGAS(GoogleAppsScript)に備わっているLanguageServiceから翻訳機能を呼び出すことで無料でInlineQueryを行います。

今回のゴールはこの機能をつくるだけのでササッと説明します。詳しい話は参考にした記事が分かりやすかったのでそちらを参照(記事の最後に貼っておきます)。

いじるもの

  • GASのエディター

  • SurfingKeysの設定

たったこれだけ。

Google Apps Scriptをいじる

公式のダッシュボードから事前にGASのプロジェクトを作成してエディター画面に移動してください。

プロジェクトが作成されたら以下のように記述して保存。

function doGet(e) {
    // GETパラメータ
    var p = e.parameter;
    // LanguageServiceをつかって翻訳(text=翻訳したい文、source=翻訳元言語、target=翻訳先言語)
    var translatedText = LanguageApp.translate(p.text, p.source, p.target);

    // JSON文字列にする
    var responseText = JSON.stringify(translatedText);
    // ウェブアプリケーションとしてデプロイするときはこれを返り値にしないとだめ
    var out = ContentService.createTextOutput();
    // レスポンスタイプをapplication/jsonにする
    out.setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
    out.setContent(responseText);

    return out;
}

デプロイまでできたら一応翻訳できてるかブラウザでURL叩いて確認。

SurfingKeysの設定をいじる

seを打つことでSurfingKeysの設定にとびます。
あとはWikiにならってFront.registerInlineQueryを以下のように書く。

Front.registerInlineQuery({
        // auto -> englishに翻訳
        url: "https://script.google.com/macros/s/XXXXXXXXXXX.../exec?source=ja&target=en&text=",
        parseResult: function(res) {
            try {
                // ダブルクォート削除(こいつも値に含まれるのか…)
                const result = res.text.replace(/[\"]/g,"");
                return `<div>${result}</div>`;
            } catch (e) {
                return "";
            }
        }
    }
);

結果

vでビジュアルモードに入り翻訳したいテキストを選択してqを押せばInlineQueryがはしります。

スクリーンショット 2019-06-11 10.44.08.png

できた!

より翻訳がはかどりますね(英語の勉強も忘れずにやります)

日本語→英語の翻訳しかできないので、なにかをトリガーにして同時に英語→日本語とかもできるようにしたいですね。

参考

nnsnico
fancs
日本最大規模の広告配信プラットフォームを開発しているアドテクノロジーエンジニアチームです
https://www.fancs.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away