Help us understand the problem. What is going on with this article?

OpenCV For Unityを使ってiPhone上でYOLOを動かす

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

OpenCV for Unityには色々なサンプルが入っており、その中にYOLOを使ったものがあります。

YOLOとは画像認識のアルゴリズムで、比較的処理が高速なことが知られています。

OpenCV for Unityに含まれているYOLOのデモは以下の2つで、WebGLでのデモページからも試すことが出来ます。

  • YoloObjectDetectionExample
    • 画像を使ったYOLOのデモ
  • YoloObjectDetectionWebCamTextureExample
    • Webカメラを使ったYOLOのデモ

また、このデモをiPhone XSで動かした動画が以下になります。

OpenCV for UnityはiOSを始めとして様々なプラットフォームに対応したアセットなのですが、2018/10/26現在の環境で動かすためにはいくつかの手順が必要でしたので、記しておきたいと思います。

手順

予めOpenCV for Unityをプロジェクトにインポートしておきます。

YOLOを使うためには、まずモデルデータをインポートする必要があります。ライセンスの関係でOpenCVForUnityのパッケージ自体には入っていないので、別途リポジトリからダウンロードしてきます。

必要なファイル以下の3つです。

これを、Assets/StreamingAssets/dnn以下に置いておく必要があります。

OpenCVForUnityの直下にあるStreamingAssetsに雛形があるので、フォルダ毎Assets直下に移動させると良いと思います。

ちなみにですが、StreamingAssets/dnn以下にあるドキュメントではcoco.namesの記述が抜けているのと、実行時のファイル参照エラーメッセージでは指定されているyoloのバージョンが異なっていました。罠っぽい…。

ここまでやると、エディタ上で実行ができる状態になります。
OpenCVForUnity/Examples/MainModules/dnn/YoloExample以下にあるシーンを再生してみてください。

スクリーンショット 2018-10-26 21.25.57.png
画像: YoloObjectDetectionExample.unityを再生した例

iPhoneで再生するためにはもう一つ手順が必要です。

iOSで実行した場合Utils.csstring getFilePath (string filepath, bool refresh = false)という関数内にあるFile.Exists (destPath)がtrueを返してくれない事象を確認しました。そのため、モデルデータを読み込めず、正常に実行されません。

対処としては、ファイルの存在チェックを行わずにpathを返すようにすれば良いです。

変更前.cs
if (File.Exists (destPath)) {
    return destPath;
} else {
    return String.Empty;
}
変更後.cs
return destPath;

この状態でビルドすれば冒頭の動画のように実行出来ると思います。

nkjzm
特に明示されていない場合、記事中のソースコードはパブリックドメインです。 月額制のメンターサービスで初心者向けの開発サポートをしているので、分からないことがあれば是非こちらで質問してください! → https://menta.work/plan/1115
https://nkjzm.github.io/
unity-game-dev-guild
趣味・仕事問わずUnityでゲームを作っている開発者のみで構成されるオンラインコミュニティです。Unityでゲームを開発・運用するにあたって必要なあらゆる知見を共有することを目的とします。
https://unity-game-dev-guild.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした