Posted at

Google Cloud SDK を Homebrew で macOS にインストールする


Google Cloud SDK とは

Cloud SDK  |  Google Cloud


Cloud SDK は Google Cloud Platform 用のツールセットです。gcloud、gsutil、bq などのコマンドライン ツールを利用して、Compute Engine、Cloud Storage、BigQuery をはじめとするプロダクトやサービスにコマンドラインからアクセスできます。このようなツールはインタラクティブに実行することも、自動スクリプトで実行することもできます。



brew cask install google-cloud-sdk でインストール

$ brew cask install google-cloud-sdk

==> Caveats
google-cloud-sdk is installed at /usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk. Add your profile:

for bash users
source '/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/path.bash.inc'
source '/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/completion.bash.inc'

for zsh users
source '/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/path.zsh.inc'
source '/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/completion.zsh.inc'
(以下略)

インストールの過程で bash または zsh のユーザー向けに設定方法も表示してくれている。


profile 設定

インストールの過程で表示された設定方法を適用する。

bash の場合は以下を実行する。 .bash_profile や .bashrc などにも追加する。

source '/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/path.bash.inc'

source '/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/completion.bash.inc'

zsh の場合は以下を実行する。 .zprofile や .zshrc などにも追加する。

source '/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/path.zsh.inc'

source '/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/completion.zsh.inc'

これらを実行することで環境変数 PATH の先頭に Google Cloud SDK の実行ファイルのパスが追加される。

$ which gcloud

/usr/local/Caskroom/google-cloud-sdk/latest/google-cloud-sdk/bin/gcloud


Google Cloud SDK のバージョンを確認

インストールした Google Cloud SDK のバージョンを確認する。

$ gcloud --version

Google Cloud SDK 261.0.0
bq 2.0.47
core 2019.08.30
gsutil 4.42

To take a quick anonymous survey, run:
$ gcloud alpha survey


Google Cloud SDK には Python 2.7 が必要

Cloud SDK のインストール  |  Cloud SDK のドキュメント  |  Google Cloud


Cloud SDK は、Linux、Mac OS X、Windows で動作し、Python 2.7.x を必要とします。Cloud SDK にバンドルされている一部のツールには追加の要件があります。たとえば、Java tools for Google App Engine development には Java 1.7 以降が必要です。


macOS には最初から Python 2 がインストールされていると思われるので別途インストールする必要はない。

$ /usr/bin/python --version

Python 2.7.10

Google Cloud SDK のドキュメント  |  Cloud SDK  |  Google Cloud


最近のバージョンの macOS には、Google Cloud SDK に必要な Python の適切なバージョンが含まれています。Cloud SDK には、リリース番号が Python 2.7.9 以降の Python 2 が必要です。追加の Python インタープリタをインストールする場合、それが Google Cloud SDK のインストールを妨げるものであってはなりません。

注: Cloud SDK バージョン 206.0.0 時点の gcloud CLI には、Python 3.4+ インタープリタを使用して実行するための実験的サポートが含まれています(このサポートの除外や Python インタープリタの構成の詳細については gcloud topic startup を実行します)。他のすべての Cloud SDK ツールには、引き続き Python 2.7 インタープリタが必要です。


今回の環境には Python 3.7 もインストールされていたが、Google Cloud SDK の動作には問題がなさそうだった。

$ python -V

Python 3.7.3


参考資料