Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unreal Engine 4でEquirectangularの360度画像を表示する

More than 1 year has passed since last update.

Unreal Engine 4でEquirectangularの360度写真を表示したかったのでやり方を調べてみました。公式ドキュメントのStereoPanoramicCaptureのページにそれっぽいのがありましたが、微妙にアレンジしました。

テクスチャーのインポート

まず、Equirectangularの360度写真をコンテンツブラウザにインポートします。

インポートした状態

このテクスチャーをダブルクリックで開き、以下の箇所を編集します。

  • Compression Settingsを UserInterface2D (RGBA) にする。
  • Mip Gen Settingsを NoMipmaps にする。
  • Texture GroupをSkyboxにする。
  • sRGBのチェックを外す

キャプチャ.PNG

マテリアルの作成

次に、マテリアルを作ります。テクスチャーを右クリックしてマテリアルを作成すると早いです。マテリアルを作ったら、下記のように編集します。

Equirectangularマテリアル

やっていることは単純で、↑のコメントに書いたとおりです。Shading ModelはUnlitにしておきましょう。

スカイボックス(球)の作成

このマテリアルを巨大な球に貼り付けてレベルに配置すれば良いです。巨大な球を用意する方法はいろいろ考えられますが、今回はBlueprintを使う方法を試してみました。

  1. まずコンテンツブラウザで右クリックして新規Blueprintクラスを作成します。親クラスはActorとします。
  2. ダブルクリックしてBlueprintエディターを開きます。
  3. Add Component→Static Meshを選択します。
  4. Static Meshを選択した状態で詳細タブからStatic Meshを選ぶところにSM_SkySphereを指定する(右下のView OptionsのShow Engine Contentにチェックを入れる)。
  5. MaterialsのElement 0に先程作成したマテリアルを指定する。
  6. Collision PresetsをNoCollisionにする。

ここまでできたらコンパイルして保存します。

このBlueprintクラスをレベルの中にドラッグアンドドロップして、360度写真が表示されれば完成です!!

グリグリ動かせます。
capture.gif

niusounds
REALITYで活動中のスマホアプリエンジニアです。シンフォニックメタルとフォークメタルが好き。 VSCodeおじさん。
https://niusounds.github.io
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした