Help us understand the problem. What is going on with this article?

vim で 日記をつける ( Dropbox 連携 )

More than 1 year has passed since last update.

code

ユーザーホームの直下に Dropbox のディレクトリを作り、
その中に diary というディレクトリを作りました。
diaryのなかには、テンプレートとなる文字列を入れたtemplate.mdをおきます。
( Dropbox をいれると、基本はユーザーホームの直下にディレクトリができたはず ... )

.bashrc もしくは .bash_profile に以下のような記述を追加すれば
今日から vim で日記をつけることができます!

#-------------------------------
#          Function
#-------------------------------
function createDialy(){
    TODAY_DIR=~/Dropbox/diary/$(date "+%Y_%m");
    TODAY_FILE=~/Dropbox/diary/$(date "+%Y_%m")/$(date "+%Y_%m_%d.md");

    if [ ! -e $TODAY_DIR ]; then
        mkdir -p $TODAY_DIR
    fi

    if [ ! -e $TODAY_FILE ]; then
        cp ~/Dropbox/diary/template.md $TODAY_FILE
    fi

    gsed -i -e "s/yyyy年mm月dd日/$(date '+%Y年%m月%d日')/g" $TODAY_FILE
    vim $TODAY_FILE
}

alias dia=createDialy;

これで、 dia と打つだけで毎日新しい日記がつけられます。

日記以外にも、今日のTODOとかをつけるのにも応用できるのでおすすめです。

Dropbox 連携することで、他のデバイスからも見れるので
自宅のデスクトップでつけた日記を、外で使用するラップトップからすぐに見ることができます。
もちろん、モバイル端末でも Dropbox アプリがあれば見れます。

しばらくつけていると、こんな感じになっていきます。

.
├── 2017_09
├── 2017_10
├── 2017_11
├── 2017_12
├── 2018_01
├── 2018_02
├── 2018_03
├── 2018_04
├── 2018_05
└── template.md

9 directories, 1 file

シンタックスハイライトをいれたかったので md にしていますが、
拡張子は普通に txt のほうが何かと便利かもしれないですね。

まとめ

たのしい。

nisshy0516
文系の事務職ですが、趣味で週末に少し、ゆるキャン△を見ながらプログラミングをすることもあります。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした