Help us understand the problem. What is going on with this article?

Watson APIを使うための前準備: サービスの作成と資格情報の取得

IBMが提供するAIサービスWatson。RESTのAPIでネットワークに繋がる環境ならどこからでも呼び出して使うことができます。IBM Cloud以外で動くアプリからももちろん呼び出し可能です。ここではWatson APIを使うための前準備としてサービスの作成方法と資格情報の取得方法を説明します。

0. 前提はIBM Cloudのアカウントがあること

前提は有効なIBM Cloudのアカウントがあることです。
お持ちでないかたは こちら から取得お願いします。
取得方法の動画はこちらです: https://youtu.be/Krn1jQ4iy_s

1. Watson サービスの作成

まずは使いたいWatsonサービスをIBM Cloudから作成しましょう!

1.1: IBM Cloudにログイン

https://cloud.ibm.com よりIBM Cloudにログインします。

1.2: 「カタログ」をクリック (「リソースの作成」をクリックでもOK)

ダッシュボードが表示されるので、上部のメニューにある「カタログ」をクリックします。
image.png

1.3: 左側のメニューから「サービス」→カテゴリ「AI」 をクリックし、使いたいWatsonのサービスをクリック

image.png

image.png

または検索フィルターで使いたいサービス名を入れて検索してください。
image.png

ここではWatson Visual Recognitionを選択しています。
image.png

1.4: 「地域の選択」は指定や好みがあれば変更します。

特にこだわりがなければ 「ダラス」または「us-south」が無難です。Planを確認して右側の「作成」をクリック。画面が変われば作成完了です。
image.png

2. サービスの資格情報取得

APIで使用する際に使う、サービスの資格情報

  • API KEY(API鍵)
  • URL

はIBM CloudのWeb画面から取得できます。
尚、アプリ別など個別に権限を設定して作成も可能です(ここでは説明しません)。

2.1 ダッシュボードを表⽰(左上のIBM Cloudロゴをクリック)

image.png

2.2 リソースの要約の「サービス」をクリックし、表⽰されたリソースリストからから資格情報を取得したいWatson のサービス名をクリック

以下は「Visual Recognition」のサービスを選択する例です:
image.png

2.3 左のメニューの「管理」(通常最初はこの画面の場合が多い)をクリックすると、資格情報にAPI鍵(API KEYのこと)とURLが表示される。

必要に応じてコピーアイコン(右側の四角アイコン)をクリックしてコピーして使用する。
image.png

以上です。

APIの詳細はhttps://cloud.ibm.com/apidocs から確認できます。いろいろな言語のサンプルがのっているのでぜひお試しください!

image.png

image.png

nishikyon
掲載内容は私自身の見解であり、必ずしも所属する会社の立場、戦略、意見を代表するものではありません
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした