Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravel導入手順

More than 1 year has passed since last update.

※自分用メモ

■laravel導入手順
※参考URL
http://kimagureneet.hatenablog.com/entry/2016/08/18/194857
https://laravel10.wordpress.com/2015/02/13/laravel%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/

1.composer経由でインストールするためcomposerのインストールを行う
※composerの使い方 参考URL
http://9ensan.com/blog/programming/php/php-composer-cli/
http://linuxserver.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/php/composer-list

curl -sS https://getcomposer.org/installer | sudo php
mv composer.phar /usr/local/bin/composer

2.laravelのインストール
laravelのインストールには2通り

1.パターン1
    ※-prefer-dist: リリース版、安定版をダウンロードします。
    composer create-project laravel/laravel --prefer-dist プロジェクト名

2.パターン2
    LARAVEL インストーラを使ったプロジェクト作成
    最初にcomposerを使ってlaravelインストーラーをインストール

    バージョン指定
    composer global require "laravel/installer=~1.1"

    安定版指定
    composer global require "laravel/installer" --prefer-dist

    既存のupdate(これでいいのか用調査)
    composer update "laravel/installer" --prefer-dist

    laravelコマンドをインストールしたら.bashrcにパスを通す
    export PATH=$HOME/.composer/vendor/bin:$PATH

    laravelコマンドでlaravel&プロジェクト作成
    laravel new プロジェクト名

3.デバッガーのインストール
    ※参考URL:http://qiita.com/LowSE01/items/d0333fc30e433e68acfd
    composer require barryvdh/laravel-debugbar

3.環境設定
cd プロジェクト名

下記は.envがあればしなくてもいい
cp .env.example .env

.env 内の APP_KEY にアプリケーション固有のランダムストリングが設定
ユーザーのセッション情報やパスワードの暗号化等をセキュアにする為に必要
php artisan key:generate

.env内の設定
    環境に合わせて設定
    DB_CONNECTION=mysql
    DB_HOST=127.0.0.1
    DB_PORT=3306
    DB_DATABASE=laravel_db
    DB_USERNAME=laraveluser
    DB_PASSWORD=laravel5963

config/app.php内の設定
    'timezone' => 'Asia/Tokyo',
    'locale' => 'ja',

config/database.php内の設定
    ※第一引数に.envで設定した値が使用され、なければ第二引数が使用される

    環境に合わせて設定
    'host' => env('DB_HOST', '127.0.0.1'),
    'port' => env('DB_PORT', '3306'),
    'database' => env('DB_DATABASE', 'forge'),
    'username' => env('DB_USERNAME', 'forge'),
    'password' => env('DB_PASSWORD', ''),
    'unix_socket' => env('DB_SOCKET', ''),
    'charset' => 'utf8',
    'collation' => 'utf8_general_ci',

権限の設定
    storageとbootstrap/cacheディレクトリにread, write 権限が必要
    chown -R ユーザー名:グループ名 storage
    chown ユーザー名:グループ名 bootstrap/cache

MySQLのDB作成
    rootでmysqlにログインしてDBを作成
    create database laravel_db default character set utf8;

    データベースへの全てのアクセス権限を持った、新規ユーザーlaraveluserを登録
    grant all privileges on laravel_db.* to laraveluser@localhost identified by 'laravel5963';

DB接続確認
    php artisan migrate

4.プロジェクトの実行
localhost:8000は環境に合わせる↓
-tオプションでドキュメントルートのpublicを指定
php -S localhost:8000 -t public

下記でも実行可能。--host 0.0.0.0は環境に合わせる
php artisan serve --host 0.0.0.0
nishi4649
スミレ天国でも応援ヨロシク! 自分用メモですが他人にもわかるように修正したいです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away