laravel

Laravel導入手順

※自分用メモ

■laravel導入手順

※参考URL

http://kimagureneet.hatenablog.com/entry/2016/08/18/194857

https://laravel10.wordpress.com/2015/02/13/laravel%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/

1.composer経由でインストールするためcomposerのインストールを行う

※composerの使い方 参考URL

http://9ensan.com/blog/programming/php/php-composer-cli/

http://linuxserver.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/php/composer-list

curl -sS https://getcomposer.org/installer | sudo php

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

2.laravelのインストール

laravelのインストールには2通り

1.パターン1

※-prefer-dist: リリース版、安定版をダウンロードします。
composer create-project laravel/laravel --prefer-dist プロジェクト名

2.パターン2
LARAVEL インストーラを使ったプロジェクト作成
最初にcomposerを使ってlaravelインストーラーをインストール

バージョン指定
composer global require "laravel/installer=~1.1"

安定版指定
composer global require "laravel/installer" --prefer-dist

既存のupdate(これでいいのか用調査)
composer update "laravel/installer" --prefer-dist

laravelコマンドをインストールしたら.bashrcにパスを通す
export PATH=$HOME/.composer/vendor/bin:$PATH

laravelコマンドでlaravel&プロジェクト作成
laravel new プロジェクト名

3.デバッガーのインストール
※参考URL:http://qiita.com/LowSE01/items/d0333fc30e433e68acfd
composer require barryvdh/laravel-debugbar

3.環境設定

cd プロジェクト名

下記は.envがあればしなくてもいい

cp .env.example .env

.env 内の APP_KEY にアプリケーション固有のランダムストリングが設定
ユーザーのセッション情報やパスワードの暗号化等をセキュアにする為に必要
php artisan key:generate

.env内の設定
環境に合わせて設定
DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=laravel_db
DB_USERNAME=laraveluser
DB_PASSWORD=laravel5963

config/app.php内の設定
'timezone' => 'Asia/Tokyo',
'locale' => 'ja',

config/database.php内の設定
※第一引数に.envで設定した値が使用され、なければ第二引数が使用される

環境に合わせて設定
'host' => env('DB_HOST', '127.0.0.1'),
'port' => env('DB_PORT', '3306'),
'database' => env('DB_DATABASE', 'forge'),
'username' => env('DB_USERNAME', 'forge'),
'password' => env('DB_PASSWORD', ''),
'unix_socket' => env('DB_SOCKET', ''),
'charset' => 'utf8',
'collation' => 'utf8_general_ci',

権限の設定
storageとbootstrap/cacheディレクトリにread, write 権限が必要
chown -R ユーザー名:グループ名 storage
chown ユーザー名:グループ名 bootstrap/cache

MySQLのDB作成
rootでmysqlにログインしてDBを作成
create database laravel_db default character set utf8;

データベースへの全てのアクセス権限を持った、新規ユーザーlaraveluserを登録
grant all privileges on laravel_db.* to laraveluser@localhost identified by 'laravel5963';

DB接続確認
php artisan migrate

4.プロジェクトの実行

localhost:8000は環境に合わせる↓

-tオプションでドキュメントルートのpublicを指定

php -S localhost:8000 -t public

下記でも実行可能。--host 0.0.0.0は環境に合わせる

php artisan serve --host 0.0.0.0