24
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Unity で iOS アプリを公開する

はじめに

  • 何度かやっているはずなのに毎回忘れるので備忘のためメモ

Apple の開発者アカウントの作成

Apple の開発者アカウントでログイン

証明書の作成

開発用証明書の作成

  • Certificates, Identifiers & Profiles を選択
  • Certificates を選択
  • + ボタンから証明書作成開始
  • iOS App Development を選択して次へ
  • 指示の通り アプリケーション > ユーティリティ > キーチェーンアクセス を選択
  • メニューの キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求
  • メールアドレスだけ入力して ディスクに保存 して任意の場所に保存
  • Apple の開発者サイトに戻りファイルを選択して証明書を作成
  • 証明書をダウンロードしてダブルクリックで保存

配信用証明書の作成

  • 開発用証明書の作成とほぼ同じ
  • Certificates, Identifiers & Profiles を選択
  • Certificates を選択
  • + ボタンから証明書作成開始
  • App Store and Ad Hoc を選択して次へ
  • 指示の通り アプリケーション > ユーティリティ > キーチェーンアクセス を選択
  • メニューの キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求
  • メールアドレスだけ入力して ディスクに保存 して任意の場所に保存
  • Apple の開発者サイトに戻りファイルを選択して証明書を作成
  • 証明書をダウンロードしてダブルクリックで保存

Identifiers の作成

  • アプリごとの ID を作成する
  • 開発時には com.example.* のようにワイルドカードも使用可能
  • Identifiers から作成

Devices の作成

  • 開発環境で動かす端末を登録する
  • デバイスの UDID を調べておき Devices から作成

Provisioning Profile の作成

  • Provisioning Profile は Certificates, Identifiers, Devices を関連付け、ビルド時に指定することでアプリのメタ情報を Apple や関連ソフトウェアに伝える
  • Provisioning Profile から作成
  • 公開用に com.example.appname と開発用に com.example.* の二つを作る
  • 作成後ダウンロードしてダブルクリックでインストール

App Store にアプリの登録

  • Apple 開発者サイトの iTunes Connect から App Store に公開するアプリを登録する
  • アプリの説明文、アイコン、スクリーンショット画像、連絡先、などを記入してアプリ公開に備える
    • アイコンサイズは 1024x1024
    • スクリーンショットは iPad Pro サイズと iPhone7 サイズのものが必要
    • 実機がない場合にシミュレータでスクリーンショットを撮る方法は後述

Unity アプリのビルド

  • メニューの File > Build SettingsPlayer Settings を開く
    • Product Name にアプリの表示名を入力
    • Other Settings > Identification > Bundle Identifiercom.example.appname のようなアプリの識別子名を入力
    • Version1.0Build0 など任意で入力
  • Build ボタンで iOS 用のファイル群をビルド
  • {AppName}.xcodeproj ファイルをダブルクリックで XCode の起動

iOS アプリの設定

  • XCode の左ペインのツリーからトップのアプリを選択
  • 中央ペインの Build SettingsCode SigningCode Signing Identity に作成した開発用と配信用の証明書を指定
  • Provisioning Profile に作成したプロファイルを選択して指定

スクリーンショットを撮る

  • Unity の Build SettingsPlayer Settings から Other Settings > Configuration > Target SDKSimulator SDK にして Build
  • .xcodeproj をダブルクリックで XCode の起動
  • 左上のスキーマ設定から任意のシミュレータを選択して実行ボタンでアプリを実行
  • シミュレータのメニューで File > Save ScreenShot でスクリーンショットを撮る
  • アプリを公開用にビルドする際には最初に変更した Unity の設定を Simulator SDK から Device SDK に変更する

  • 実機で動作確認をする

  • Build Settings > Code Signing > Provisioning Profile に開発用のプロファイルを指定する

  • 実機をマックに接続する

  • スキーマから実機を選んで実行ボタンでインストールされる

公開用にビルドする

  • Build Settings > Code Signing > Provisioning Profile に公開用のプロファイルを指定する
  • Product > Archive からビルドを実行
  • ビルド後に Archives ウィンドウの右ペイン Upload to App Store でアップロード
  • Apple 開発者サイトからビルドを選択して申請
    • アップロードから反映まで時間がある

公開手続き

  • iTunes Connect でアプリのビルドを指定する
    • ビルドをアップロードしてから反映されるまでは少し時間がかかる
  • 公開を申請 ボタンから申請を行う
  • 申請後 Apple によるレビューが行われ問題なければ公開される
  • 2017/1/11 現在の自分のアプリの場合の申請から公開(自動公開設定)までのスピード感は以下の通り
    • 1/10 9:00 に申請
    • 1/11 3:00 にレビュー開始
    • 1/11 4:00 にレビューが通って公開準備状態
    • 1/14 公開日の通知などはなかったが iTunes Connect の "売上とトレンド" のレポートによるとこの日からダウンロードがあった
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
24
Help us understand the problem. What are the problem?