Unity で iOS アプリを公開する

  • 11
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

  • 何度かやっているはずなのに毎回忘れるので備忘のためメモ

Apple の開発者アカウントの作成

Apple の開発者アカウントでログイン

証明書の作成

開発用証明書の作成

  • Certificates, Identifiers & Profiles を選択
  • Certificates を選択
  • + ボタンから証明書作成開始
  • iOS App Development を選択して次へ
  • 指示の通り アプリケーション > ユーティリティ > キーチェーンアクセス を選択
  • メニューの キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求
  • メールアドレスだけ入力して ディスクに保存 して任意の場所に保存
  • Apple の開発者サイトに戻りファイルを選択して証明書を作成
  • 証明書をダウンロードしてダブルクリックで保存

配信用証明書の作成

  • 開発用証明書の作成とほぼ同じ
  • Certificates, Identifiers & Profiles を選択
  • Certificates を選択
  • + ボタンから証明書作成開始
  • App Store and Ad Hoc を選択して次へ
  • 指示の通り アプリケーション > ユーティリティ > キーチェーンアクセス を選択
  • メニューの キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求
  • メールアドレスだけ入力して ディスクに保存 して任意の場所に保存
  • Apple の開発者サイトに戻りファイルを選択して証明書を作成
  • 証明書をダウンロードしてダブルクリックで保存

Identifiers の作成

  • アプリごとの ID を作成する
  • 開発時には com.example.* のようにワイルドカードも使用可能
  • Identifiers から作成

Devices の作成

  • 開発環境で動かす端末を登録する
  • デバイスの UDID を調べておき Devices から作成

Provisioning Profile の作成

  • Provisioning Profile は Certificates, Identifiers, Devices を関連付け、ビルド時に指定することでアプリのメタ情報を Apple や関連ソフトウェアに伝える
  • Provisioning Profile から作成
  • 公開用に com.example.appname と開発用に com.example.* の二つを作る
  • 作成後ダウンロードしてダブルクリックでインストール

App Store にアプリの登録

  • Apple 開発者サイトの iTunes Connect から App Store に公開するアプリを登録する
  • アプリの説明文、アイコン、スクリーンショット画像、連絡先、などを記入してアプリ公開に備える
    • アイコンサイズは 1024x1024
    • スクリーンショットは iPad Pro サイズと iPhone7 サイズのものが必要
    • 実機がない場合にシミュレータでスクリーンショットを撮る方法は後述

Unity アプリのビルド

  • メニューの File > Build SettingsPlayer Settings を開く
    • Product Name にアプリの表示名を入力
    • Other Settings > Identification > Bundle Identifiercom.example.appname のようなアプリの識別子名を入力
    • Version1.0Build0 など任意で入力
  • Build ボタンで iOS 用のファイル群をビルド
  • {AppName}.xcodeproj ファイルをダブルクリックで XCode の起動

iOS アプリの設定

  • XCode の左ペインのツリーからトップのアプリを選択
  • 中央ペインの Build SettingsCode SigningCode Signing Identity に作成した開発用と配信用の証明書を指定
  • Provisioning Profile に作成したプロファイルを選択して指定

スクリーンショットを撮る

  • Unity の Build SettingsPlayer Settings から Other Settings > Configuration > Target SDKSimulator SDK にして Build
  • .xcodeproj をダブルクリックで XCode の起動
  • 左上のスキーマ設定から任意のシミュレータを選択して実行ボタンでアプリを実行
  • シミュレータのメニューで File > Save ScreenShot でスクリーンショットを撮る
  • アプリを公開用にビルドする際には最初に変更した Unity の設定を Simulator SDK から Device SDK に変更する

  • 実機で動作確認をする

  • Build Settings > Code Signing > Provisioning Profile に開発用のプロファイルを指定する

  • 実機をマックに接続する

  • スキーマから実機を選んで実行ボタンでインストールされる

公開用にビルドする

  • Build Settings > Code Signing > Provisioning Profile に公開用のプロファイルを指定する
  • Product > Archive からビルドを実行
  • ビルド後に Archives ウィンドウの右ペイン Upload to App Store でアップロード
  • Apple 開発者サイトからビルドを選択して申請
    • アップロードから反映まで時間がある

公開手続き

  • iTunes Connect でアプリのビルドを指定する
    • ビルドをアップロードしてから反映されるまでは少し時間がかかる
  • 公開を申請 ボタンから申請を行う
  • 申請後 Apple によるレビューが行われ問題なければ公開される
  • 2017/1/11 現在の自分のアプリの場合の申請から公開(自動公開設定)までのスピード感は以下の通り
    • 1/10 9:00 に申請
    • 1/11 3:00 にレビュー開始
    • 1/11 4:00 にレビューが通って公開準備状態
    • 1/14 公開日の通知などはなかったが iTunes Connect の "売上とトレンド" のレポートによるとこの日からダウンロードがあった