Posted at

JIRA DJ Kanban で自分の音源を Dropbox から引き出すには?

More than 1 year has passed since last update.

DJ Kanban で自分の音源を使用する方法を走り書きしておきます。

正式のドキュメンテーションについては、こちらをご覧ください。


必要なもの


  • JIRA のクラウドインスタンス

  • DJ Kanban のアドオン

  • Dropbox のアカウント

  • mp3, wav, m4a, aac 等の音源


手順

JIRA DJ Kanban は、HTML5 Web Audio API を使用しているので、再生できるフォーマットのものを準備する。(mp3, wav, m4a, aac)


  1. Dropbox にフォルダを作成して、音源ファイルをアップロードする

  2. そのファイルのリンクを作成する (例:https://www.dropbox.com/s/yopixr7nwewc7u7/german-shephard-daniel_simon.mp3?dl=0)

  3. そのリンクを、以下のように置き換える
    https://dl.dropboxusercontent.com/s/yopixr7nwewc7u7/german-shephard-daniel_simon.mp3

  4. JIRA のチケットの説明の部分に以下のように入力する
    {"filename":"https://dl.dropboxusercontent.com/s/yopixr7nwewc7u7/german-shephard-daniel_simon.mp3"}

  5. 保存して終了


補足

JIRA チケットの「説明」フィールドは、音源のメタデータを JSON で管理しています。ファイルURL 以外にも以下のようなことを管理することができます。

filename - 必須項目 - 音源のURL

loopStart - オプション - 音源中のループを始める位置を秒数で設定することができます。

loopEnd - オプション - 音源中のループを終える位置を秒数で設定することができます。

bpm - オプション - BPM を設定することができます。初期設定は128 です。

gain - オプション - 1.0 と標準として、音のボリュームを調整することができます。

Happy DJs!