Help us understand the problem. What is going on with this article?

【iOS13】xcode11上でswifterを用いた際のcallback URLのSceneDelegateへの記述

はじめに

・2018年10月31日をもってTwitterKitのサポートが終了した。
・twitter連携アプリに、swifterを利用することにした。

swifterのgitレポジトリ

・xcode11からSceneDelegateが導入されたされたため、callback urlの記述場所を変える必要がある。
・これに関して記述した記事がなくてめっちゃ詰まったので、記録として残す。
・全体的な手順は、この記事に従いました。わかりやすい。AppDelegateではなくSceneDelegateへの記述をしないとアプリが動かずめちゃくちゃ詰まったため、そこを書きます。

環境

xcode11.0
swift 5.0.1
iOS13

SceneDelegate上にコールバックUrlを設定

xcode11から、SceneDelegate.swiftが追加された。これにより、これまでAppDelegateに記述されていたコードの多くが、SceneDelegateに移行された。

【iOS】AppDelegate.swiftってなにしてんの?
【xcode 11】新たに導入されたsceneDelegateの各メソッドが呼ばれるタイミング

ゆえに、Twitter認証後にアプリに帰ってくる際に実行されるメソッドも、変化している。

これまで

AppDelegate上のapplication(_:open url:)関数が、urlにてアプリが開かれた場合に実行されるメソッドのため、

AppDelegate.swift
import Swifter
## 省略 ##

    func application(_ app: UIApplication, open url: URL, options: [UIApplication.OpenURLOptionsKey : Any] = [:]) -> Bool {
        return Swifter.handleOpenURL(url, callbackURL: URL(string: "swifter-{Consumer API key}://")!)
    }

## 省略 ##

と記述することでcallback後の挙動を制御できていた。

今後

・Xcode11では、SceneDelegate上のscene(_:openURLContexts:)関数が、urlにてアプリが開かれた場合に実行されるメソッドとなっている。
・CustomURLSchemeを設定する場合には、アプリ遷移後の挙動はscene(_:openURLContexts:)関数で制御する。

stackoverflow : Custom URL Scheme not working on Swift 5, Xcode 11

・URLContextsには何が格納されているのか。
実際に何が格納されているのかを確認する。以下のコードを記述後、シミュレータ上のsafariでswifter-<ConsumerAPIkey>://を入力し、アプリに飛ぶと出力は以下。

SceneDelegate.swift
import Swifter
## 省略 ##

    // callback urlの設定
    func scene(_ scene: UIScene, openURLContexts URLContexts: Set<UIOpenURLContext>){
        print(URLContexts)
    }

## 省略 ##

スクリーンショット 2019-10-15 22.41.17.png

これより、どうやらURLContextsには要素数が一つのUIOpenURLContextの配列が格納されているらしい。
ゆえに、URLContexts配列の一つ目のUIOpenURLContext要素のurl変数を取得すれば良いことがわかる。

以上から、SceneDelegate上に以下のように記述しなければいけない。

SceneDelegate.swift
import Swifter
## 省略 ##

    // callback urlの設定
    func scene(_ scene: UIScene, openURLContexts URLContexts: Set<UIOpenURLContext>){
        Swifter.handleOpenURL(URLContexts.first!.url, callbackURL: URL(string: "swifter-<ConsumerAPIkey>://")!)
    }

## 省略 ##

scene(_:openURLContexts:)に関連する公式ドキュメントは以下。

Apple Developer : scene(_:openURLContexts:)
Apple Developer : Set
Apple Developer : UIOpenURLContext

まとめ

Xcode11でのCustomURLSchemeに関しての記事がめちゃくちゃ少なくて、これを調べるだけですごい時間かかりました。
探すのが大変だったので、備忘録として。
今後はtwitter連携アプリを作り込んでいきたいと思うので、それも記事にできればと。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした