Posted at

kotlinの型と変換

More than 1 year has passed since last update.


kotlinで使える型


数値


ビット幅

Double
64

Float
32

Long
64

Int
32

Short
16

Byte
8

またkotlinでは型を宣言しなくとも実行できるが

val a = 1F + 3

val a = 1L + 3

などでFloat+IntやLong+Intなどの計算ができる。

*Float型はforFでタグ付けをする。


文字


ビット幅

Char
8


文字列


ビット幅

String
可変


真偽値


ビット幅

Boolean
一般に8


配列


ビット幅

Array


型変換


文字列から数値

 val t : String = "123"

val i : Int = Integer.parseInt(t)


数値から文字列

val a : Int =  32

val s = Integer.toString(a)


数値から数値

val b  : Float= 3.0F

val f : Int = b.toInt()

数値からの数値への変換は全ての数値型への変換をサポートしています


  • toByte(): Byte

  • toShort(): Short

  • toInt(): Int

  • toLong(): Long

  • toFloat(): Float

  • toDouble(): Double

  • toChar(): Char