Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacのVagrantでPHPフレームワークLaravelを試す。

More than 5 years have passed since last update.

PHPの今流行りのフレームワーク

Macで人気PHPフレームワークのLaravelをMacの仮想サーバー上にさくっと入れて動かしてみます。
MacOSX10.10 Yosemiteです。
Vagrant、VirtualBox、git、composerはインストール済みとします。

VagrantのBox

個人的にVagrantはPHP開発になくてはならないものになりました。
開発環境が数分で手に入りますし、不要になったら気軽に捨てることができます。

ということで仮想サーバーの基であるいい感じのBoxを取ってきます。
http://box.scotch.io/ ←このBoxを使います。

laravelTestというプロジェクトを作ります。

下準備

$cd ~
$mkdir Project
$cd Project

Vagrantfileクローン

$git clone https://github.com/scotch-io/scotch-box.git laravelTest
$cd laravelTest
$ls // README.md   Vagrantfile public

Vagrantfile修正

vi Vagrantfile

synced_folderの"." -> "./www"にします。
hostnameの"scotchbox" -> "first-laravel"にします。

編集後Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|

  config.vm.box = "scotch/box"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
  config.vm.hostname = "first-laravel"
  config.vm.synced_folder "./www", "/var/www", :mount_options => ["dmode=777", "fmode=666"]

end

publicディレクトリ不要なので削除します。

rm -rf public

Laravelインストール

composerを使ってインストールします。

composer create-project laravel/laravel --prefer-dist www

Vagrant起動します。

vagrant up

途中でローカルの/etc/hostsファイルを変更するためにMacのパスワードを求められるので入力します。

Laravel確認

ブラウザでhttp://first-laravel/ と入力してLaravelのアイコンが出ればOKです。

Laravelちょっとだけ触ってみる。

ルーティングのファイルに追記します。

vi ~/Project/laravelTest/www/app/routes.php
app/routes.php
<?php
Route::get('/', function()
{
    return View::make('hello');
});

// 追記
Route::get('/abc', function()
{
    return 'Hello!';
});

ブラウザでhttp://first-laravel/abc と入力して「Hello!」と表示されればOKです。

Laravelを初めて試した時にまず、このクロージャーな感じにワクワクしました。
古臭いPHPから脱却したいと思っている方々はきっと惹きつけられる!

インストールできたらコントローラーあたりから始めるのがおすすめです。
http://laravel.com/docs/4.2/controllers

Vagrant破棄

Vagrantは不要なら破棄しておきましょう。

vagrant destroy
niiyz
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away