Help us understand the problem. What is going on with this article?

フィボナッチ数列の一般項を求める方法

More than 5 years have passed since last update.

フィボナッチ数列を等比数列として見た場合、その公比を求める方法を示します。

まず公比は次のように定義します。

\begin{eqnarray}
X = \lim_{x \to \infty} \frac{a_{n}}{a_{n-1}}
\end{eqnarray} 

すると

a_n = a_{n-1} + a_{n-2}

なので

\begin{eqnarray}
X = \lim_{x \to \infty} \frac{a_{n-1} + a_{n-2}}{a_{n-1}}
\end{eqnarray} 

と変換出来ます。
これを変換していくと

\begin{eqnarray}
X = 1 + \lim_{x \to \infty} \frac{a_{n-2}}{a_{n-1}}
\end{eqnarray} 
\begin{eqnarray}
X = 1 + \frac{1}{X}
\end{eqnarray} 
X^2 -X -1 = 0

解の公式より

X = \frac{1 ± \sqrt[]{\mathstrut 5}}{2}

基本的にプラスなので

X = \frac{1 + \sqrt[]{\mathstrut 5}}{2}

これの近似は

X = 1.6180339...

となり、これは一般に黄金比と呼ばれます。
つまりフィボナッチ数列の一般項は黄金比であることが証明できます。

Qiitaの数式をどうしても使ってみたかったため書きましたw

nigohiroki
マーケター Rails エンジニア インフラエンジニア
http://nigohiroki.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away