Posted at

Ubuntu14.04をMacBookPro11.1に入れる

More than 5 years have passed since last update.


はじめに

ubuntu14.04をMacBookPro 11.1に入れた

今のところ、サスペンドは動作する。

モニタの明るさ調整やら、キーボードの機能も機能する。

wifiに関しては、サスペンドから復旧した後、二回に一度機能しなくなる。

解像度に関しては2560*1600までサポートしているが、画面が小さすぎて辛いので少し下げている。

スピーカーも動作している。

タッチパッドはさすがになめらかには動かないけど十分動く。

不満はないです


各手順

基本的には

https://help.ubuntu.com/community/MacBookPro11-1/Saucy

を参考にしたけど、Wifi関係は検索かけて適当にした。

インストールに必要なのは、MacBookPro本体と、USB。

USBには事前に、ubuntu14.04 mac64bit版のLiveUSBを作成しておく。

それから、Wifiの項で説明している

bcmwl-kernel-source

dkms
libc6-dev
linux-libc-dev

をUSBに入れておいたほうがいい。


Install

とりあえずUbuntu側でUbuntuのLiveUSBを作成する。

isoはubuntu14.04 mac64bit版。

作成したUSBを使ってmacbook proにまるごとubuntuをinstallする。

USBを挿した状態で、ALT押しながら起動、その後USBを選択すればいい。

デュアルブートとかはやってないので、各自調べてください。

で、特に問題なくインストールできる。


Wifi

はじめ、wifiのドライバが動作しない/存在しない場合がある。

その場合、ちと面倒だが外部から、必要なファイルをUSB経由で持ってくるか、

有線LANを接続する必要がある。

USB経由の場合は以下の手順でOK

以下のURLで必要な.debファイルを寄せ集める

http://packages.ubuntu.com/

検索して、それぞれの.debを取ってくる

bcmwl-kernel-source

dkms
libc6-dev
linux-libc-dev

それぞれを任意のディレクトリにまとめて実行

sudo dpkg -i *.deb


SSD

止まっちゃったりするらしいのでそれ修正

sudo vi /etc/default/grub

#libata.force=noncqを追加
GRUB_CMDLINE_LINUX="libata.force=noncq"

sudo update-grub


fnキー

Fnキーを押さないとF1-12が動かないので

Function無しで押せるよう変更する

sudo vi /etc/modprobe.d/hid-apple.conf

#追記する
options hid-apple fnmode=2


これでだいたい動くと思うんで。

というかwifi繋がった時点でもうまともに動いてるんで、

特に困ることもないと思います。