Help us understand the problem. What is going on with this article?

OutsystemsからSalesforceに接続してみた

はじめに

Qiitaに記事を書くなんて全然想像もしてなかったのですが、今年はアドベントカレンダーに参加することになったので、今回は業務で使ったOutsystemsからSalesforceへの接続方法を忘れないようにここに書いてみます。

自己紹介

ランスタッドに入社して半年くらいになりました。
前職では金融系のシステム開発をしていたのですが、ここに入社して一番感じることは
ITっぽくない人が多いな~ってことです。(良い意味!!)
まだまだ伸びしろを信じながら勉強中です!

OutsystemsからSalesforceへの接続

業務でOutsystemsを使っているのですが、ある時Salesforceに接続してデータを参照しないといけない場面に出会いました。
なんかできそうだけど全然わかんないなと思いながら調べると、さすが!! 
なんと「Salesforce Connector」というForgeがあるらしいのでその紹介をしたいと思います!

Salesforce Connector

Salesforce Connectorは名前の通り簡単にSalesforceへ接続することができるForgeです。
以下からSalesforce Connectorをダウンロードすることができます。
https://www.outsystems.com/forge/component-overview/109/salesforce-connector

設定方法

1. トークンの生成
Salesforceの個人設定の「私のセキュリティトークンのリセット」を押下します。
image.png

次にセキュリティートークンのリセットを押下します。
アカウントに設定しているメールにトークンが送信されるので保存しておいてください。
image.png

2. Salesforceに接続するServer Actionを追加
SalesforceLoginのアクションを使用してSalesforceにログインを行います。

以下のプロパティ項目を入力
  ・ServerURL:「Soap Service Endpoint」のURL
         (Salesforceの「API」項目からパートナーWSDLの生成を押下する)
  ・UserName:Salesforceのログインユーザー名
  ・Password:Salesforceのログインパスワード+↑で取得したトークン
image.png

後は使用したいアクションを「Salesforce Connector」からドラックアンドドロップして使えばOKです。

「Find」Actionでデータを取得してみた

SalesforceConectorのオブジェクトフォルダにある「Find」Actionを追加します。
「Find」Actionは、ロジック内でログインロジックがあるため、先にログインしている必要はないっぽいです。
Findのプロパティの「ObjectList」に取得するオブジェクトの型を指定します。
image.png

これで指定したオブジェクトのデータを取得することができました。
「ObjectList」に指定した型の項目がSalesoforceの項目名と違うと怒られるので気を付けてください。
「Find」以外にもActionが用意されているのでいろいろできそうですね!

終わりに

接続できると設定はこんだけか~となるのですが、トークンの設定で「+」を付けちゃったり、Outputの型の設定を間違えたり何かと時間がかかりました。
Forgeのドキュメントにも設定方法がそのままのっているのでよかったらそちらも確認してみてください。
とっても基礎的なことしか書いていませんが、何かのお役に立てれば嬉しいです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした