search
LoginSignup
14

More than 5 years have passed since last update.

Organization

systemd-run で定期的に実行するタスクをさっと登録する

サーバで定期的に実行するタスクを登録したいんだけど、別にずっと実行させたいわけではなく、数日間だけ定期実行されていれば良くて、再起動とかで消えてしまっても構わない。

というとき、いちいち crontab で設定したり、あるいは systemd.timer のユニットファイルを書いたりするのはとても面倒です。

systemd-run を使えばコマンドだけでそういう設定がさっと作れます。

systemd-run --unit=oreore --on-active=1s --on-unit-active=30s echo "this is 30s timer."

これで 30 秒ごとに echo "this is 30s timer." が実行されるようになります。

下記のコマンドで timer のユニットを一覧表示してみると、登録されていることがわかります。

systemctl list-timers

ユニットのステータスも見れます。

systemctl status oreore.timer
systemctl status oreore.service

実行ログも journalctl で見れます(CentOS なら /var/log/messages にも書かれているだろうけど)。

journalctl -f -u oreore.service

いらなくなったら timer ユニットを stop すれば止まります。

systemctl stop oreore.timer

systemd-run--unit=oreore は省略可能で、省略すると run-99999 みたいな名前が自動的に付けられます。

余談その1(--on-XXX の指定)

最初 --on-unit-active=30s だけで良いと思っていて「なぜか実行されない」とか思っていました。

--on-unit-active つまり OnUnitActiveSec は、ユニットが最後に実行された時間からの相対、なので、1回も実行されていないと「最後に実行された時間」がないため、いつまでも実行されませんでした。

なので --on-active つまり OnActiveSec も指定して、タイマーそのものが有効にされた後に1回実行してやる必要がありました。

そういえば普通に timer のユニットを書くときも OnBootSec は指定してましたけど、てっきり「起動直後はいろいろ忙しいからちょっと遅らせたい」ぐらいに考えていましたが、これも OnBootSec を書かなければ OnUnitActiveSec だけではいつまでも実行されません。

余談その2(sudo の代替)

root から別のユーザーとしてコマンドを実行したいときに sudo だといろいろとつらみがあってその代替として gosu とかが使われたりしているようなんですけど systemd-run でもアドホックに uid/gid 指定してコマンド実行できます。

systemd-run --scope -q --uid=apache pstree -aug $$
# bash,6243
#   └─pstree,6333,apache -aug 6243

--scope をつけると scope タイプのユニットとなり、デーモンにはならずに systemd-run から直接実行されるようです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
14