AWS
ses

AWS SES で検証済のドメインとメールアドレスが競合しているときのカスタム MAIL FROM での書き換え

次のようにドメインとメールアドレスをバリデーションしていて、

かつ、このそれぞれにカスタムの MAIL FROM を設定しているときに、下記のような送信メールの Return-Path/From のパターンで、どの検証済ドメイン/メールアドレスのカスタム MAIL FROM の設定で書き換えが行われるかのメモ。

Return-Path From 使用されたカスタム MAIL FROM の設定
001@example.com 001@example.com 001@example.com
002@example.com 002@example.com 002@example.com
001@example.com 002@example.com 002@example.com
002@example.com 001@example.com 001@example.com
xxx@example.com 001@example.com 001@example.com
001@example.com xxx@example.com example.com
xxx@example.com xxx@example.com example.com

つまり、Return-Path ではなく From に対して SES の設定が適用されて、ドメインとメールアドレスで検証済の設定が競合するときはメールアドレスの方が優先される。

Return-Path ではなく From に基づいて MAIL FROM (つまり Return-Path)が書き換えられるのが意外。