CentOS 6 でも /etc/sysctl.d/ は使える(ipv6 無効化とか)

  • 12
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

CentOS 6 で ipv6 を無効にするときは /etc/sysctl.conf に下記を追記します。

/etc/sysctl.conf

# ipv6 disable
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

FAQ/CentOS6 - CentOS Wiki

一方、CentOS 7 なら /etc/sysctl.d/ というディレクトリがあるので、sysctl.conf を変更せずに、/etc/sysctl.d/ に変更分のファイルを作成する方が良いでしょう。

と、思ったら CentOS 6 でも /etc/sysctl.d/ は有効でした。

CentOS • View topic - [RESOLVED] Is /etc/sysctl.d/ supported in CentOS 6?

$ grep -A 10 apply_sysctl /etc/init.d/functions
apply_sysctl() {
    sysctl -e -p /etc/sysctl.conf >/dev/null 2>&1
    for file in /etc/sysctl.d/* ; do
        is_ignored_file "$file" && continue
        test -f "$file" && sysctl -e -p "$file" >/dev/null 2>&1
    done
}

というわけで、CentOS 6 でも /etc/sysctl.d/ に変更分だけ追加でファイルを作成する方が良いでしょう。

/etc/sysctl.d/ipv6-disable.conf

# ipv6 disable
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1