Posted at

#webpack chunkファイル名にbuildの度に現在時刻をいれる

More than 3 years have passed since last update.

キャッシュされたものが利用されないようwebpackが生成するchunkファイル名にbuildの度に現在時刻をいれた時のメモ


webpack.config.jsoutput.chunkFilenameに現在時刻を含める


webpack.config.js

module.exports = {

entry : {
entry : "./entry.js",
},
output : {
path: __dirname,
filename: "bundle.js",
chunkFilename: "[id].bundle.js?" + (+new Date),
publicPath: "/js/"
}
}



  • (+new Date)が現在時刻


HTMLに出力後は次のようになる


HTML

<script type="text/javascript" charset="utf-8" async="" src="/js/0.bundle.js?1444118019225"></script>




  • [hash]でも十分かもしれない。

    例えば、chunkFilename: "[id].bundle.js?[hash]",

  • QUERY_STRINGではなくファイル名とする方法も良いかもしれない。

    例えば、chunkFilename: "[id].[hash].js",


参考