Linux

CentOS でデフォルトゲートウェイの設定を確認・変更する

サーバーの再起動を行った際などにネットワークが繋がらない場合、デフォルトゲートウェイの設定に問題があることがあります。

その場合、以下のようにして確認することができます。

$ route

出力された結果の default の項目がデフォルトゲートウェイの設定になります。
もし正しくないものだった場合は以下のようにして変更します。

route del default gw ****
route add default gw ****

起動する度に同じ設定にしておきたい場合は ifcfg-eth0 の GATEWAY 項目を編集する必要があります。

$ vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
$ service network restart