Help us understand the problem. What is going on with this article?

Androidのメモリ効率化Tips "SparseArray"

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

前回に引き続きAndroid Performance Patternの内容をまとめました。AndroidのPerformance効率化についてのTipsが書かれているのですが、いかんせん英語でとっつきにくいので(内容は少しだけどためになるものばかり)簡単にまとめました。

SparseArray

SparseArrayは、以下のようなヒエラルキーになっていてオブジェクトクラスの直下にある。Arrayというだけあり、配列のように利用できる。
大きな特徴はCollection, Map系とは違いオートボクシングを行わない。オートボクシングを行わないので、早い。

Kobito.MFFSUj.png

まずAuto Boxing(オートボクシング)とは

目的とメリット: primitive -> Object型への変換でprimitiveでは利用できなかった使い方・メソッドを利用できる。

オートボクシングとはJava5自体の機能である。
元来、リスト、コレクション(List, Collection)に対して、プリミティブ(int, flaot, booleanなど)な値は直接代入することができなかった。リスト、コレクションに代入するには、 プリミティブラッパークラスに代入 する必要性があった。(List, Collectioはオブジェクトしか扱えない。)
この プリミティブラッパークラスに代入 を自動で行ってくれる機能がオートボクシングである。

Kobito.rQYh5s.png

// 例)

// 元来の書き方: 
List<Integer> list = new ArrayList<Integer>; //リストの初期化
list.add(Integer.valueOf(3)); //int -> Integerオブジェクトに変換してリストに追加

// オートボクシングによる書き方(Java5以降)
List<Integer> list = new ArrayList<Integer>; //リストの初期化
list.add(3); //int -> 上記作業を自動で行ってくれる。

オートボクシングでのループ

上記のようにオートボクシングにより便利になった側面は否めないが、逆に意識しなくてよくなったことにより、メモリ上でデメリットが生じる可能性がある。

  • 以下において、上部のループはint型のみ。下部のループはInteger型をオートボクシングしてのループ。
  • オートボクシングすると新しいオブジェクトを生成する必要があり、メモリ効率が少し悪くなる。(下記は動画からの転載だが、なぜ100ではなく83であるのかは謎です。)

Kobito.9s91ue.png

Primitiveのデータサイズ

primitiveのデータサイズは以下だがオートボクシングすると16byteほどメモリ空間を新たに確保する。

Kobito.DMZWBZ.png
Kobito.ltr4Ha.png

オートボクシングしないクラス

上述したようにCollection, Map系にはオートボクシングがJava5の機能で含まれている。Androidでは、HashMapがオートボクシングを行うために、メモリパフォーマンスが悪くなってしまう可能性がある。そのために、GoogleはSparseMapを提供している。下記はprimitive型での要素インデックスを指定できるMapのリストである。

Kobito.BKKUgU.png

追記

  • Allocation Tracker

Allocationの状態を可視化するために利用されるツール。これにより、どこでオートボクシングが行われているか開発者がわかる。
(動画で利用方法があったわけではないが言及していたので、触れました。こちらもまた後日機会があれば使い方をあげたいと思います。)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away