Edited at

ComposerをHomebrewでMac OSに導入する方法


はじめに

Laravel導入目的で、HombrewでComposerをインストールする際に調べた、Composerの概要と導入手順を簡単にまとめました。


環境


  • Mac OS Mojave Version 10.14

  • Homebrew 1.8.6


Composerとは

Composer(コンポーザー)は、PHPの開発で使用するライブラリやパッケージを管理する為のツールです。

Composerは作曲者という意味ですが、ロゴは指揮者のアイコンになっています。

以前、Composerの開発者であるJordi Boggiano氏が日本に来日した際に、このように答えています。

Q: composerの単語の意味は作曲者なのに、何故ロゴは指揮者なのか?

A: さほど深い理由はないけど、Google画像検索で調べても、割と指揮者が出てくるし、まあいいんじゃないの。

とのこと。すみません、余談でした。


Composerの利点

Composerの利点について調べてみた。

前提としてライブラリを理解しておくとイメージが掴み易いです。


1. ライブラリの管理が楽になる

Composerが無い環境では、必要なライブラリを公式サイトにアクセスして、zipファイルをダウンロードしてインストールする必要があります。

この場合、何が問題かと言うと、ダウンロードしたライブラリのバージョンを管理する必要があります。

Composerを利用することで、統一のバージョンでライブラリを利用できるのと、バージョン情報を外部ファイルで管理する必要が無いので楽です。


2. インストールが楽になる

Composerは、ライブラリのバージョンを指定してダウンロード&インストールまでを行ってくれるため、コマンド1つでダウンロードからインストールまでをノンストップで行うことができます。


3. 依存関係の管理が楽になる

例えば、通常は「ライブラリAを使う」といった時、「動かすには別のライブラリBとCが必要」です。

こういった場合、通常はライブラリAとBとC、それぞれ個別にダウンロードしてインストールする必要がありますが、Composerを使うと、「ライブラリAに依存する必要なライブラリBとC」は自動でダウンロードしてインストールしてくれます。


Composerの必要性


で、結局なぜLaravelにComposerが必要なの?

これ、一番重要だと思います。

まず、そもそもLaravelのインストールにはComposerがインストールされていることが前提となっています。

次に、Laravelを使うには、Taylor氏以外の方が作ったライブラリも必要になる様です。

image.png

これを1つ1つダウンロードして、バージョン管理するのは大変な作業ですよね・・・。

でもComposerを使えば、これらの問題を全て解消してくれます。


導入手順

予備知識として、Composerについてざっくり理解したところで、早速導入して行きましょう。

導入は2ステップあれば完了するので、超簡単です。


1. Composerのインストール

HomebrewでComposerをインストールします。

$ brew install composer


2. インストール確認

composer -Vを入力し、バージョン情報が表示されれば、Composerのインストールは完了です。

  ______

/ ____/___ ____ ___ ____ ____ ________ _____
/ / / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__ ) __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/

Composer version 1.8.0 2018-12-03 10:31:16


まとめ


  • 結局Laravelを使おうが使わまいが、PHP開発においてComposerは重要なツールと理解しました。

  • 従って、Composerを理解することが肝要。 (間違っていたらご指摘下さい・・・)

  • Composerの使い方についても勉強したら、記事にまとめてみようと思います。